2012年 09月 05日 ( 1 )
『忘れじの学び舎・明倫小の歴史』 市民活動センター『結』で展示 
明治18年(1885)7月27日、当時の数校を合併して『明倫小学校』と称し、旧藩学明倫館跡の後に開校し、
昭和60年(1985)に開校百周年記念式が行われ、記念誌も発行されました。

その後、20数年経過した現在、隣接する元県立萩商業高校跡地に平成26年度の校舎移転が決定し、
7月下旬から旧萩商業高等学校の南側の校舎の解体工事が始まり、9月には小学校のプールの解体工事も始まるようです。

史蹟は残されますが、藩政期の明倫館跡の様子はまた、大きく変化することでしょう。

今回萩博物館に保存されている写真の一部の中から前述の『明倫小学校百年誌』を利用しての展示とさせていただきます。

どの様に変遷したのか写真と解説でご覧頂ければと存じます。

『忘れじの学び舎・明倫小の歴史』
開催期間 平成24年8月末~9月末頃(水曜日閉館)
会 場  市民活動センター『結』
内 容  明倫小の歴史、百年誌の図解と共に
(白黒:15枚) 
d0046290_16343876.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2012-09-05 16:34 | 学芸サポート・古写真班