萩市恵美須町にて
8月18日(金)
わがNPOまち博の理事長久保田氏より
「前原一誠の石碑がなくなっているが・・・・」という一報を受け
カメラをもって現場に行きました・・・。

萩市恵美須町にある刑場の跡地。
古くて味のある土塀がたたずむ・・・。
ここで、萩の乱を企てた前原一誠ほか6名がここで処刑されました。

d0046290_1739217.jpg
d0046290_1740875.jpg


『この古い土塀はその光景を見つめていたんだなあ・・・。』
と感慨深く眺めて・・・・、帰りました。

d0046290_17451038.jpg


事務所に戻り、市の文化財保護課に問い合わせたところ、
「所有者からの届出があり撤収した・・・」とのこと
無事ことなきをえてホッ。

それで、前原一誠を思い返し、近くにあった文庫本「萩の乱と前原一誠」(著者:冨成博、三一書房)をペラペラと・・・。

『-・・・昼前、前原らは、清光寺から程近い、恵美須町の東筋にある、もと成就院あとの牢獄のそばの、空き地に移された。
 くすれかけた赤い土塀にかこまれた刑場は、もてあそばれる命のように、落葉がきりきりと舞っている。
   前原一誠
   奥平謙輔
   横山俊彦
   山田頴太郎
   有福恂允
   小倉信一
   佐世一清
 呼び出しの声に応じて、白装束の七人が刑場に並んだ。・・・(中略)・・・
 虚空でひとしきり風がうなり、一枚の枯葉が、高く高く舞い上がっていった・・・・・。』

はぎの現風景がその光景とまさに一致していることに驚きと感動を覚えた一日でした。
[PR]
by NPOmachihaku | 2006-08-18 18:50
<< 萩に移住!! 小泉首相が来萩! >>