昨年に続く『土原一区・むつみ会』への出前~10.10
昨年に引き続いての訪問の『土原一区・むつみ会』は、市内で早くサロン活動を始められ18年になると聞きました。
午前中の行事と昼食をされた後の時間帯、正直きつそうな方も居られました。
(早退された方も二名あったようです)

今回のメニューは4月にテレビ取材に協力したYAB放送を収録したDVDをご覧頂きました。
この際に用いられた萩市制施行前の(昭和6年頃)同じ関連する写真の中から11箇所を抽出し、
多少解説もしながら見て頂くと、途中で「南園」「修善校」の言葉からさながら歴史講座の様に発展して多少時間超過した要因になりました。
特に、昭和5年生まれのNaさんは良くご存じの事が多く、今後の私たちの活動の助っ人として加えさせていただきたいと思いました。
d0046290_9522753.jpg


次に昨年同様に旧東京都立大学建築学部研究室の昭和42年から10年間旧城下町の町並みと家屋の
調査された記録の中から地元地域対象にした写真を見て頂きました。
中には当時と変わらない状況、家屋の建て替わった所、空き地となった所、
この地はバイパス化により大きく変化をしていたことを再認識させられました。
d0046290_9544991.jpg


今回自分達の目玉のメニューは『想い出かたり』とした角川写真群からの選択写真で当時の頃を思い出して
大いに語りあって頂こうと意図したところですが、時間が競ったのともう一つ写真選択の吟味が不足した感も否めませんでした。
反面、夏みかんの収穫の写真で親が竹籠作り(椿)をしていたと言うNiさんの思い出話しは、
以前から求めた加工職人関連の方と出会えた成果でありました。
今後詳細に記録をさせて頂きたいと思っています。
d0046290_9562619.jpg


予定時間を過ぎましたが皆さんとご一緒にお茶会をし、メンバーの自己紹介や、想い、
地元からは「ふたば幼稚園の運動会」「萩城の変遷」等次の課題を頂きました。
正直写真有ってのこと、その活用できればと始めた出前活動ですが、ハードルが次第に高くなってきました。
最後定番の集合写真を撮って会場を後にしました。     <A・K>
d0046290_957130.jpg


d0046290_9571459.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-24 09:57 | 学芸サポート・古写真班
『角川写真その後・萩の今昔-2013版』
前回のフィールドワークは真夏炎天下でしたが、今回は当日朝に台風24号が無事回避し、
涼しくもありましたが、残念ながら曇天の暗い空模様でした。

机上で撮影場所の確認はしていてもいざ現場へとなると一寸自信のないメンバー、また、
角川氏の立ち位置を特定してもどうしてもその違いに悩みます。
d0046290_11415629.jpg


d0046290_11425352.jpg


d0046290_11432752.jpg


d0046290_1143497.jpg


[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-23 11:44 | 学芸サポート・古写真班
『平安古情報交歓会(かいまがり交流会)』 ~古写真で『萩の再発見』~ 10.8
今回出前となった経緯は五月に会場の『平安古かいまがり交流館』での写真展示を行ったことでした。
特に同時期開催の『夏みかん祭り』の際にこの会場で地元との交流が出来たらと言う機運が生まれたことでした。
その手掛かりとして地元地域に関連した古写真をスライドで見て頂き、懐かしんで頂くことと、情報を教えて頂くこと等をお互いに意識しました。

当日は、『かいまがり会』を中心に老人会の有志や、町内会長へ声を掛けられ、
当所予想人数を超え資料不足になる程、久々に予想を上回る参加者に嬉しい悲鳴でもありました。
d0046290_1013870.jpg


スライドの内容は
①昭和50年頃の会場付近を中心とした旧都立大調査時の写真
②平安古町内の懐古写真
③平安古伝統の 平安古備組 手廻備行列
等、三部に構成してご覧頂きました。

昭和50年の写真では参加者の方々の付近であり、40年前頃の事でほぼ様子は判明しましたが中には、
首をかしげる所も、また、参加者の方の以前の建物が写真に映し出されると「あ・あ」と驚きと懐かしさの入り混じった表情に、
周りの人達にも自然と和んで頂きました。

付近は昭和40年代以後住宅化が進み、田地や橙畑が、少し離れた所では蓮田が消えました。
前出の方で「近くのレンゲ畑で遊んでおばさんからしょっちゅう怒られた」との思い出話は、多くの人の記憶に残ることでもありました。
d0046290_10162564.jpg


金谷神社の秋季例祭は古くより天神祭りとして親しまれ、その祭礼につきものの平安古備組の『手廻備行列』
(いわゆる大名行列)は現在では古萩町の行列と共にその伝統を継がれています。
その行列の記録を見て頂き、ついに期待した「主人が写っている」の声が上がりました。
子供達も参加していますが、ここに写された子供は現在どう成長されているのか?見てみたい気がしたのは自分だけではなかったことでしょう。
かつての賑わいをとても懐かしく感じたひと時でもありました。
d0046290_10173232.jpg


予定した時間に終了していつもの様に集合の記念写真に撮って終了しました。

初めての試みに感激と余韻を残した様で、関係者も安堵したところです。
参加者の皆さん、そして地元関係者の皆さんご協力ありがとうございました。  <A・K>
d0046290_10194329.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-21 10:20 | 学芸サポート・古写真班
『プロジェクト未来遺産』応募に『まち博』活動の検証・・審査員の来訪
先日の班会(10/2)でのこと、急な来訪者がありました。
その要件は日本ユネスコ協会の『プロジェクト未来遺産』への応募に対して活動実態の視察と言うことでした。
このプロジェクトには『萩のおたからにみんなで親しみ、みんなに広めるプロジェクト』として
NPO活動の一環として取り組む活動として応募されたものです。

しかも、視察に何と西山教授が帯同されていて正直ビックリ!!
今回初めて古写真班の活動状況を一対一で短時間ながら見て頂き、つい熱い想いを含めて話をさせて頂きました。
過去6年間教授の提唱された『まちじゅう博物館構想』をどれだけ実践できたか?、
とりわけNPOに根差しているか?、 10年を前にして強く感じる昨今です。
今後も自分達が出来ること、萩に存在するあらゆるおたからを再発見し、お互いに認め合い、大事に後世に次いで行くこと。
教授が言われる「おたからを知らずして失うことはやめよう」、「知った上で整理せざることはあるが、知る努力、
その再発見をしていこう」と言うことを再認識させられました。

今回の班会は班員の事情から出席者が少数でしたが、大変熱く、意義あるものとなりました。 (K、U)

(未来遺産運動について  http://www.unesco.or.jp/mirai/)


d0046290_11201720.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-18 11:20 | 学芸サポート・古写真班
今回で七回目となった『スライドを見る集い』 10/4
今回も展示中の『宮本常一氏の足跡 見島の今昔』を中心としたスライド上映ですが、
当時の見島総合学術調査の記録(帯同の萩市郷土博物館職員撮影)を見て頂きました。
当時の見島を地質、生物、考古、歴史、民俗分野等の調査状況を垣間見た感じでした。
d0046290_11592288.jpg


以前から気になる、萩市市制施行(昭和7.7.1)前、内務省提出同等の写真が何時頃撮影されたかと言うことでしたが、
今回使用した写真から一つのヒントが得られました。
d0046290_1202287.jpg


現在明倫小学校の水練池傍の『史跡明倫館水練池附明倫館碑』に昭和6年3月建立と刻まれた石碑が写されておりました。
翌年7年七月一日に市制施行ですのでそれより前、別写真に桜の咲く指月公園や、
別場所での落葉した木の状況もありましたので、撮影時期が昭和6年秋から翌年春頃までと想定されます。
d0046290_1223010.jpg


この昭和初期写真群の中に、明治から昭和にかけて歴史を残す『修善講女学校・修善高等女学校・萩女子学園』の物もあり、
加えて班関係者の『卒業記念帳』も加え、写真の特定をより深めることと関係の歴史を、紐解きあらためて写真の価値を深めました。
d0046290_1231245.jpg


昭和27年の地図には『光塩女学園』と表示されています。
その歴史を『萩の百年』誌から見て見ますと次のように紹介されています。

d0046290_12101767.jpg



d0046290_12113917.jpg


今回の参加者には常連の二、三人の方がご都合で欠席がありましたが、次第に定着した方も増えてきて
もうしばらく頑張れるかと意をつよくしたことでもありました。
特に最近萩博ショップに「宮本常一写真」を求めて来られた市内在住のSさんと繋がりを得て早速に参加して頂けたことは
やはり『宮本常一氏の見えない力』を感じました。
ご参加の皆さんありがとうございました。<K、Na>
d0046290_12125028.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-16 12:13 | 学芸サポート・古写真班
『一枚の古写真』2013年9月の報告と10月の課題
今回の課題は人の出会いから思わぬ再発見がありました。
そこからの拡がりは藩政時代へと遡りました。
歴史の一コマの点が珠数の様に繋がっていきます。
自身の見えないものが次第に見えても来ます。皆さんと共に共有できれば幸いです。  <K>
d0046290_1542543.jpg


d0046290_15432429.jpg


d0046290_15435547.jpg


d0046290_15441589.jpg


d0046290_15444975.jpg


d0046290_1545962.jpg


[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-15 15:45 | 学芸サポート・古写真班
「やまぐち美食コレクション2013」
萩博物館レストランは、現在開催されている「やまぐち美食コレクション2013」へ参加しています。
「萩三旬丼」「県産牛ハヤシライスふわふわ卵かけ」「夏みかんソフトクリーム」の3品がエントリーされています。
興味のある方は、ぜひサイトをご覧になって下さい。

http://www.yamaguchi-bishoku-collection.jp/

d0046290_1604059.png

[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-08 13:13 | レストラン班
次回 10/4の『スライドを見る集い』のご案内です
市民活動センター『結』での写真展示を2009年春から毎月の展示替えで現在63回を実施しています。
またその展示の写真を中心とした内容で多くの方々との情報交流を願って『スライドを見る集い』を、
現在では二カ月おきに『NPO法人萩市民活動ねっと』と協働で実施しております。

今回は『宮本常一氏の足跡 見島の今昔-③・④』を中心に関連した写真に加え、昭和初期頃の写真、
また『修善女学院』記念集から関連の写真を活用してのスライド上映・情報交流等を予定しております。

古写真を懐かしいと思うと同時に、先人たちの教えに気付き、更に今に活かして行くことが出来たらとさえ感じることもあります。
どうぞお気軽に会場へお越しいただければと存じます。お待ちしております。   <K>


開催日時
 2013年10月4日(金) 
午後2時~3時30分(1時間半)
 
テーマ 『宮本常一氏の足跡 見島の今昔-③④』
     『昭和初期頃の写真』
     『修善女学院記念集、明倫小の歴史・・』
お気付き・お問い合わせは.. Mail:  hagi_tsunaide@excite.co.jp

d0046290_1126412.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-03 11:26 | 学芸サポート・古写真班
『宮本常一氏の足跡・見島 その④』 市民活動センター『結』で展示
私たちの活動は2007年に発足して早速に見える活動を行ったのが、
今回展示テーマの『宮本常一氏の足跡を追う』(宮本氏のまなざしを追う)活動でした。
また、2009年から市民活動センター『結』での写真展示を毎月更改して
これまで63回の展示と約1000枚の写真を紹介してまいりました。

今年になりその展示方法の一部見直しをして、萩博物館を会場に一昨年、
昨年冬休み期間に展示したものをより広く、多くの方々にご覧いただくことと、
更に情報を頂く、交流を深めること等を目的に『角川写真のその後・萩の今昔』と、
『宮本常一氏の足跡・見島』のテーマの展示を続けてまいりました。
この間、途中には地元ケーブルテレビ、地元紙の取材をうけました。

最近では、古写真の整理の他、その写真類を活用としての展示会はもとより、
地域や会合等での出前活動としてスライドを見る集いなどに発展をしております。
2007年12月から始めた古写真のスキャナを使ってのデジタル化は、市民の有志の方から提供された写真や、
旧村所有の記録等を日々作業として行い、現在約22万コマとなりました。
これらが市民共有のおたからがあって、印刷にしての展示や、データをスライドとして見て頂く活用ができることです。

今後も萩の記録の第一人者の角川写真を中心に、時には以前に展示の写真も再度活用しながら
大事に扱っていきたいと思っています。

今回は『宮本常一氏の足跡・見島』シリーズの4回目を展示致します。

展示とは直接関係はありませんが、私たちの活動に教科書的な存在の宮本常一著『私の日本地図13 萩付近』が、
昭和49年初版⑤絶版して以後久しく、この度待望の再発刊が未来社より発刊されます。
これに際してS学芸員に協力して校正をお手伝いしました。以前の親的な存在だったこの教科書が、何だか子供の様にも感じます。
どうぞ私たち同様にお近づきにしてみませんか? お勧めいたします。


『宮本常一氏の足跡・見島の今昔 その③』
開催期間 平成25年9月末~10月末頃(水曜日休館)
会 場  市民活動センター『結』 <たまち駐車場(無料)徒歩5分>
内 容  角川写真(白:8枚)+現在写真(カラー:8枚)
d0046290_1119594.jpg


d0046290_1119273.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-03 11:19 | 学芸サポート・古写真班
「トリップアドバイザー推薦」ステッカー
萩博物館レストランへ「トリップアドバイザー」さんより推薦ステッカーをいただきました。
トリップアドバイザーとは、世界の旅行口コミサイトです。
そのなかで、旅行者の方から支持をいただいているとのことで、スタッフ一同嬉しく思います。
d0046290_14195975.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-09-27 14:19 | レストラン班