『スライド上映会 湖底に沈む村』のご案内です
2010年に阿武川ダムにより水没をした旧福栄村、旧川上村の関係者の方々と、当時の写真を見ながら古里の懐古と、
思い出話などお聞きした交流会を五回実施しました。
その時にそれぞれの地区の住宅配置図や、カドナなど記録してきましたが未完成となっています。

ところで、萩博物館では2/22~4/6の間、企画展『ふるさとの島・ふるさとの山河』が開催されます。
この展示会にはその交流会を通して作成して頂いた住宅配置図も展示予定となっています。
未完成部分の補完や、多くの写真の情報を出来る限り含めて記録し、後世に引き継いでいきたいと考えております。

皆さん方の古里でのご記憶を更に復活して頂き、その土地を知らない私たちに教えて頂きたい。
また、今は見ることのできない湖底に沈んだ古里の写真と、お話を聞きながら当時のことを想像して頂く機会になればと期待します。
興味ある方のご参加も自由ですのでお越し下さい。

『スライド上映会(情報交歓会)・湖底に沈む村』
日時:1月22日(水)13:30~15:30
会場:萩博物館・講座室
内容:・水没する前の古里の写真上映
・ダム建設時の写真上映
・当時の地区の住宅配置図の作成
 その他

d0046290_14364919.jpg

[PR]
# by NPOmachihaku | 2014-01-17 14:37 | 学芸サポート・古写真班
『一枚の古写真』2013・12月の報告と2014・1月の課題
長い年月の中で各人の記憶は様々。はっきりと思い出す場所もあれば、虫食いの様な状況も多々です。
今回の課題の写真は昭和30、40年代の頃のことですが、現在まで完全に整理できないままに発表することを大変申し訳ございません。
今後も引き続き再発見の取り組みを継続してまいりますが、皆様からの情報も是非にお寄せいただきたいと思います。  <K>
d0046290_9203480.jpg


d0046290_921280.jpg


d0046290_921283.jpg


d0046290_92154100.jpg


[PR]
# by NPOmachihaku | 2014-01-17 09:22 | 学芸サポート・古写真班
『一枚の古写真』2013年11月の報告と12月の課題
今やこのコーナーの「一枚の写真」は萩の再発見の記録として大きな意義を持つことになり、私たちにとっても大きな励みとなっております。
古写真班の事情により一カ月遅れ分と二か月分をまとめての情報発信となりました。  <K>
d0046290_11184857.jpg


d0046290_11191347.jpg


d0046290_11193937.jpg


d0046290_11194950.jpg


[PR]
# by npomachihaku | 2014-01-15 11:20 | 学芸サポート・古写真班
NPO萩まちじゅう博物館の活動が「プロジェクト未来遺産」に登録決定!!
NPO萩まちじゅう博物館の「萩のおたからにみんなで親しみ、みんなに広めるプロジェクト」が、「第5回 プロジェクト未来遺産」に登録されました。

プロジェクト未来遺産とは、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟が、100年後の子どもたちに長い歴史と伝統のもとで豊かに培われてきた地域の文化・自然遺産を伝えるための「未来遺産運動」の一環で行うもので、失われつつある文化や自然を未来に伝える市民の活動を「プロジェクト未来遺産」として登録し、それを推進する人と地域を日本全体で応援する仕組みをつくり、全国の自然・文化・無形などの多様なプロジェクトを幅広く応援するものです。

NPO萩まちじゅう博物館では、本年7月に「第5回 プロジェクト未来遺産」に応募していました。この度、地域と連携した萩まちじゅう博物館のおたから(文化遺産)の情報発信・普及啓発の活動が未来遺産の趣旨に合致していることが評価され、全国39件の応募の中から、現地調査等を経て、10件のプロジェクトの1つに選ばれました。

今後、日本ユネスコ協会連盟からの活動の顕彰やPRによる応援を受け、プロジェクトに取り組んで参ります。なお、来年1月から3月にかけて「プロジェクト未来遺産」登録地域で証書伝達式が行われる予定です。

○プロジェクト名:
「萩のおたからにみんなで親しみ、みんなに広めるプロジェクト」

萩市では、まち全体を屋根のない博物館とみなし、地域のおたから(文化遺産)を保存・活用し、次世代に伝える「萩まちじゅう博物館」というまちづくりが進められています。NPO萩まちじゅう博物館は、おたからを拾い上げる調査や、コアミュージアムである萩博物館の管理・運営、ワンコイントラストによる未指定文化財を守る運動などを通して、萩まちじゅう博物館を市民側から支え、推進しています。萩のおたからを守り、育て、伝えていくため、市民のゆるやかながらもしっかりとしたつながりを醸成し、力を合わせ、おたからの情報発信と普及啓発に取り組んでいきます。

<日本ユネスコ協会連盟HP 第5回プロジェクト未来遺産の発表>

○活動の一例
d0046290_1854656.jpg
萩市と協働でまちじゅう博物館情報コーナーを運営


d0046290_1855961.jpg
市内各地域でおたから(文化遺産)を拾い上げる調査を実施


d0046290_1861333.jpg
調査した情報を整理し、HPなどで発表・公開


d0046290_1862563.jpg
昔ながらの文化に親しむイベントを開催


d0046290_1864263.jpg
小学生のふるさと学習で萩博物館内の展示をガイド

[PR]
# by NPOmachihaku | 2013-12-19 18:09 | NPO
第9回 萩ふるさとまつり へ参加しました!
11月9日(度)、10日(日)に萩ふるさとまつりが開催されました。
NPO萩まちじゅう博物館からは、自然おたから班、民話語り部班が参加しました。
9日は天気にも恵まれ、たくさんの人で賑わっていたようです。
あくる日はあいにくの雨でしたが、メンバーも楽しそうにがんばっていました。
両日の様子を写真とともにご紹介します。

9日(土)
d0046290_1012092.jpg


d0046290_10123530.jpg


d0046290_1013127.jpg


d0046290_10132588.jpg



10日(日)
d0046290_10142319.jpg


d0046290_10144896.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-11-26 10:15 | NPO
やまぐち美食コレクション、結果発表!
やまぐち美食コレクションの結果が発表されました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【卵・豆腐の料理部門】
2位 (70票) 県産牛ハヤシライスふわふわ卵かけ

【デザート部門】
☆4位 (79票) 夏みかんソフトクリーム

【魚介類の料理部門】
☆10位 (59票) 萩三旬丼
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投票していただいた皆様、ありがとうございました!!
[PR]
# by npomachihaku | 2013-11-18 10:55 | レストラン班
『一枚の古写真』2013年10月の報告と11月の課題
ある人の一言が思わぬヒントとなり再発見に結び付きました。

今回の課題の写真にある道を見て「市内でこんな曲り方している所は少ないよ」と言う言葉でした。
私たちは藩政時代の絵図がそのまま使える街の中で生活しています。
田床山に上がりますと三角州の中に西方向へ向く十日市筋、二ツ森筋、小橋筋、八丁川島筋等の家並みを見ているとより実感します。
時々NHKの夕方ニュースでは、お天気カメラから萩の町が映され時その街明かりからまち筋を再認識します。

今回の写真では被写体のその先が見えない曲がった道と確認されたことです。
市内街路には筋変えとか、鍵曲、袋小路などもありますが、基幹と言える様な道で曲がった道は、
以前から見てきた城下町形成時の『基線』をあらためて思い出しました。
繰り返して恐縮ですが、今回も裏づけとしてみたいと思います。     <K>
d0046290_1695752.jpg


d0046290_16102596.jpg


d0046290_16105157.jpg


d0046290_16111568.jpg


d0046290_16113986.jpg


d0046290_1042265.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-11-12 16:12 | 学芸サポート・古写真班
須佐歴史民俗資料館へボランティア
 10月17日(木)に民具班の通常活動で須佐歴史民俗資料館の資料整理、クリーニング等に出張しました。

 須佐歴史民俗資料館は、7月末の水害で建物や内部の殆どの資料が冠水し、大きな被害を受けました。
土砂や流木等は、各地のボランティアの方々や萩市職員の皆様のご苦労で片付きつつあります。
しかし、資料館の資料は専門的な知識と技術を要するものがあるため、復旧が難しい状態にあります。

 
当日は、清水学芸員の指導で得た若干の知識と経験を生かし、民俗資料の修復、保全のお手伝いが出来ました。
作業は順調に進みましたが、まだまだ沢山の資料が残っています。次回の出張応援は、11月18日(月)を予定しています。
興味のある方は、民具班に加入され一緒にボランティアに行きませんか?お待ちしています。
d0046290_16203173.jpg


d0046290_16211013.jpg


d0046290_16215585.jpg


d0046290_16221541.jpg


[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-29 16:22 | 学芸サポート・民具班
『宮本常一氏の足跡・見島 その⑤』 市民活動センター『結』で展示
今夏7月28日に萩市内の県北側の須佐・田万川地域で大きな水害に見舞われ、
全国的にも台風を始め記録的な水害による被害が発生しております。
この様に災害が発生・被害が起こるたびに、私たちのなすべき力は非常に小さく感じてしまいます。

見島でも台風の被害は幾度もあったでしょう、冬場の時化の時もその島の人ではないと分からない苦悩があったことでしょう。
宮本氏は三度見島の調査に参加された時は夏季で天候として荒れることはなかったようですが、何か情報をつかんでおられたかふと感じてしまいました。

このテーマの展示もいよいよ終盤です。
全体の中のある部分の展示であり何か掴み難いかもしれませんが、以前の見島の現状との対比の中で見て頂ければと存じます。


『宮本常一氏の足跡・見島の今昔 その⑤』
開催期間 平成25年10月末~11月末頃(水曜日休館)
会 場  市民活動センター『結』 <たまち駐車場(無料)徒歩5分>
内 容  角川写真(白:8枚)+現在写真(カラー:8枚)
d0046290_6384766.jpg


[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-26 14:49 | 学芸サポート・古写真班
『角川写真その後・萩の今昔-2013版-3』 10.16
二週続けて台風の余波を受けたフィールドワークです。

今回は日頃経験できない萩の自然の一面を経験しました。
菊ヶ浜には潮風が飛ぶ以上に砂が舞い上がり道路へ飛来、その区間約200mを交通事故後の処理の様に
警察官交通立証の元、作業員の方が路上の砂を撤去されていました。
次の目的地の指月山の西端『妙玖寺櫓跡』では西の浜への波が押し寄せ、その浜が浸食されている様を見ました。
浜辺の防風林の根元付近まで波が打ち寄せる様になり、今後の状況変化がとても不安になりました。
一方この場所はメンバーの殆どが初めて来たと言うことも成果でありました。
萩に居てもこんな新たな発見や再発見を確認できるのも活動の証です。
d0046290_9511062.jpg


d0046290_953038.jpg


d0046290_9533228.jpg


d0046290_95475.jpg


角川写真群の約60点の作品作りを7月に続きと先週と続けてきましたが、
二週続けて天候不良で写真の出来としてはとても展示使用は難しい状況であります。

メンバー全体の出来を見て再検討を図ることとします。

一方、萩市制施行前の写真群の中から今回一枚の貴重な83年ぶりの今昔写真を撮影できました。
隣接のT家の大変ご厚意により実現したものです。
今後も約50枚余のこの写真群の今昔としての取り組みを行っていきたいと思っています。
d0046290_9553874.jpg

[PR]
# by npomachihaku | 2013-10-25 09:55 | 学芸サポート・古写真班