<   2012年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
冬休み期間展示『角川写真その後・萩の今昔』展示開始
一年越しの計画で取り組んだ今回の展示会は、当初角川氏の今昔写真と現在の三点比較を目指しましたが、
残念ながら角川氏の”今”が整わず、”昔”と”現在”とになりました。
写真にもよりますがこの間がほぼ半世紀を隔てます。

大きく変わっていない所もありますが、建物や付近の光景が失われてしまったもの、
あるいは建物が建て替わって様変わりした光景等々、見る方々のご記憶、想像により想いは様々に感じられることでしょう。

萩博物館は年末年始期間も無休(年中無休)で開館しておりますので、帰省されるご家族とも是非お越しいただければ幸いです。

今回の展示設営と開始日の記録写真から様子を感じて頂ければと存じます。
d0046290_150543.jpg


d0046290_1502716.jpg


d0046290_151368.jpg


d0046290_1512018.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-31 15:02 | 学芸サポート・古写真班
お正月の準備万端
お正月まであとあずかとなりました。NPO萩まちじゅう博物館では毎年、正面玄関には門松を、エントランスには鏡餅を、
主庭園前の床の間には生花を飾っています。
お正月はどうぞ萩博物館においで下さいませ。
d0046290_1112721.png


d0046290_1114313.png

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-31 11:03 | NPO
『スライドを見る集い』-3 ~12.14』
今回で三回目の『スライドを見る集い』は一週遅れで開催しました。
市民活動センター『結』での展示は回を重ねて50回を超え一方的な展示だけでなく、
より市民の皆さまとの交流を図ることを求めての開催です。

その都度来場される方々の人数で一喜一憂するものではありませんが、正直気にもなります、
嬉しいことに今回は来場者が増加して内容的にも盛り上がり、予定時間を大幅に超過してしまいました。

今回のテーマは『角川氏の見た萩・残したい情景』がメインでしたが、前日にNPOで開催の『市民講座』の発表内容を一部含めて見て頂きました。

写真が残る年代は半世紀前頃が主ですが、その年代の暮らしや情景を残しています。
歴史に刻まれた息吹を来場者の方々と共有いたしました。
d0046290_11491059.jpg


年明けの1・2月は都合により休会し、3月に改めて再開したいと思っています。
次回の内容を含めて後日お知らせをいたします。
どうぞ皆様とご一緒に、懐かしさ、思い出、楽しさ、情報など共有いたしましょう。
多くのご参加をお待ちしております。<KYA>
d0046290_11503893.jpg


d0046290_11511236.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-30 11:55 | 学芸サポート・古写真班
『市民講座』の発表を終え~12.13』
私達のNPO萩まちじゅう博物館の研修班が開催する『市民講座』は、これまで外部講師や博物館学芸員の方々など、
知識・経験ある方々が行われてきた本講座に悩みましたが、班の活動発表と言うことで受けました。
発表を終えその呪縛から解き放されてやっと落ち着いた状態で報告できようになりました。
d0046290_13384063.jpg


冒頭、講座を利用して私たちの活動に対する指導・支援と大きな関わりのある「S学芸員」「角川さんご家族」のご紹介と感謝を申し上げました。

2007年5月発足以降の活動で、第一義の写真類のデジタル化が20万コマを超えたこと、
その古写真を活用として展示会や出前活動など地域への交流の輪が拡がったこと、
古写真から知ったこと・気付いたこと、そして情報を共有すること等、日々『萩再発見』を感じていること、
ご一緒に次へ伝えて頂きたいことをお願いしました。
d0046290_13402877.jpg


その後『昭和初期の航空写真』を使って、当時の萩町時代の状況を見て頂きました。
大正末期から鉄道の工事、疎水の開削、萩町役場の新築移転など大きな変化を見ることができます。

続いて班活動で毎月『一枚の写真』の課題に取り組んでいますが、その中の6点をピックアップして情報の共有をして頂きました。

参加者の方から、「初めて見たもの・知ったこと」「あらためて感じられたこと」「古いことなのに新鮮な感じがした」
「何気ない毎日だったが意識するようになった」等々、発表を通し感じて頂ければと願っていたことが
参加された方の感想として返ってきたことで、今では引き受けて良かったと感謝しています。
また、少しずつ積み上げてきた活動が正しかったこと、その成果が結実してきたことを実感しつつ、
これからも活動を次へ繋いでいけるよう日々に取り組んでいきたいとも思います。

ご参加の皆さまに家庭のアルバムはとても身近な文化遺産であること、何よりも生活の証しですから大事にして下さいと伝え、
可能であればその写真をお借りして保存と活用をさせていただきたい旨もお願いしました。
d0046290_13441154.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-28 13:45 | 学芸サポート・古写真班
冬休み期間展示『角川写真その後・萩の今昔』 萩博物館エントランスホール
萩博物館に寄託された角川写真は歴史を次世代に伝え萩を代表する大変貴重なものです。
当班ではこれら約44,000コマのデジタル化を完了し、この写真を利用して各所で写真展やスライド上映会として懐かしくご覧頂くほか、
当時を振り返る記憶の活性化をはかり、また多くの人達の交流の機会になればと活用してまいりました。

かつてご本人が『カメラで捉えた40年 萩の今昔写真集』を発行されていますが、
それを引用して今回は『角川写真のその後・萩の今昔』として活動の成果を地元の方々や来館者の皆様方にご覧いただきたいと思います。

『角川写真のその後・萩の今昔』
開催期間 2011年12月21日(金)~2013年1月15日(火) (無休)
会 場  萩博物館 (エントランスホール)
内 容  角川氏の発行写真集『萩の今昔写真集』掲載の写真を中心とした写真の中から約60点と、
本年(2012) 古写真班で撮影した写真を対比しての展示 
d0046290_14444193.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-27 14:45 | 学芸サポート・古写真班
『角川さんの見つめた人々』 市民活動センター『結』で展示
私たちは萩博物館所蔵や市民の方から寄せられる古写真のデジタル化とその整理を日常的に行っています。
その活動を通し写真には「写した時代の歴史や文化・暮らしを見て、懐かしく思い出を語ることができる力がある」ことを学びました。
現在はこれらの写真を各所での展示会やスライド上映会という形で見て頂いていますが、
「少し以前の若くて元気で頑張っていたご自身の暮らしにタイムスリップし、それが明日への活力になる」と信じているからです。

「回想法」の言葉を耳にされたことはございませんか?
古写真を使って『想い出語り』をしたり、これはと思う写真を集約しての回想写真集作りを進めております。
そのタイトルを『回想写真集・綾』と命名しました。

今回の写真展はその『綾』の中からと、同じ『角川写真群』の中から子供の明るく元気な写真を抽出しての展示としました。
「人の笑顔って本当にいいものですね」<KY>

『角川さんの見つめた人々』
開催期間 平成24年12月末~1月末頃(水曜日・年末年始閉館)
会 場  市民活動センター『結』
内 容  角川写真(白黒:17枚) 

なお関連の『古写真で萩再発見』(スライドを見る集い)の1・2月の開催は都合により休会とさせていただきます。
次回は3月1日(金)の予定です。

d0046290_1625345.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-26 16:26 | 学芸サポート・古写真班
『一枚の古写真』2012年11月の報告と12月の課題
早いもので今年の一年も今回が最後の一枚となりました。
『一枚の写真』シリーズものべ39回となっています。

当NPO研修班で主催の『萩市民講座』の12月開催は、当班の活動発表として『古写真を通し 萩の再発見』と題して行いますが、
その内容にも取り上げることにしていますが、時間の都合上、6件だけに絞った展開とする予定です。

このシリーズが今後も多くの関心と、話題の提供、何よりも自分達が私たちのまちの再発見が出来る様に継続していきたいと思っています。

今回もそのような『萩の再発見』の一コマを提供させて頂きます。

d0046290_11242536.jpg


d0046290_1126114.jpg


d0046290_11264397.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-17 11:27 | 学芸サポート・古写真班
葉牡丹、パンジーの植栽
花と緑の推進班で、お正月用の葉牡丹と冬の花「パンジー」を植えました。
正門から玄関には葉牡丹を、東門から通路にはパンジーを並べて、萩博物館へいらっしゃるお客様をお迎えしています。
d0046290_16325294.jpg


d0046290_16333977.jpg


d0046290_1634163.jpg


d0046290_16342367.jpg


丹精込めて植えております。どうぞお立ち寄り下さいませ。
[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-12 16:36 | 花と緑の推進班
継続の取り組みフィールドワーク~11.21
今回のフィールドワークは
①12月に行われる市民講座の(活動)発表に関してこれまで実施した『一枚の写真』課題の現状を再確認すること
②先に実施した『角川今昔・その後』としたフィールドワークの写真の出来の悪かった所の撮りかえを目的としました。

出掛ける前に本日の目的地を全員で協議して「いざ出発!!」。
d0046290_15535575.jpg


d0046290_15554295.jpg


各所ではメンバーそれぞれに立ち位置を確認し、過去の写真の時代に想いを馳せながら撮影をしました。
当初の目的場所全ての確認はできませんでしたが、一人で行動するよりメンバーと一緒での活動では
各自の思わぬ発想などもあったりしてより成果を得ることが出来ます。
d0046290_15562563.jpg


今日の成果は、前回同様にこれからどの(誰の)写真が新旧対比としてふさわしいかの検討や選択作業、
そして来月の市民講座(12/13)の発表や、冬休み期間恒例となった『萩博物館内展示(エントランスホール)』の展示に引き継ぐものです。
これらの成果や事前のお知らせは後日とします。        <KY>
 
[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-08 15:57 | 学芸サポート・古写真班
『佐々並おいでん祭』に初参加で地域と交流~11.18』
「その地域のことをもっと知りたい」そして「交流の輪を広げよう」という素朴な想いから、
一昨年の川上、昨年の明木に続き、今年は佐々並地域で開催の『ふるさとまつり』に恒例の写真展示の形で参加しました。
d0046290_13554818.jpg


今回のタイトルは『昭和の記憶・佐々並』。
その内容は大きな紙に貼り付けて見ていただく「(A)宮本常一氏の足跡・佐々並の今昔」「(B)昭和の萩往還」
「(C)教えて下さい、この写真のこと」の3パターンに加えて、「昭和38年開催の山口国体」等の写真はクリヤーファイルのアルバムにして展示しました。
今回は特に(C)と同様にあらゆる写真の情報が集まることを期待していました。
d0046290_13565456.jpg


地元の方同士で「この家はあそこじゃない?」「あそこ、ここ」等、中には「昔の我が家があった」
「結婚する前の自分が写っている」等と会話が弾み感激される方の様子を見てこれまでの日々が報われた想いでした。
また他市(美祢・山口・防府)から来られた方々から、「自分の所でもこんなことが出来るのでは?」と感じて頂き
より輪を広げるきっかけになったのではないかとも感じました。

約一年越しの班活動でしたが、地元公民館のご協力を得ての成果でもあります。
来年は旧福栄村への参加を計画しています。
部分的にはすでに準備を始めており来年も同様に交流の輪を広げることができればと思っています。
皆さま、次は福栄村でお会いしましょう。              (KAY)
d0046290_13583188.jpg


d0046290_13584971.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-12-05 13:59 | 学芸サポート・古写真班