<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
『一枚の古写真』2012年10月の報告と11月の課題 
日頃の生活圏でなかったりあるいは見慣れた所でなかったりすると、なかなかその場所が分かり難い、
特定できない物が多く古写真整理も困難を極めています。
しかしその一枚一枚の写真から知らないことを知り、枝葉が広がり、「ああ、そうだったのか」と毎回小さな萩再発見をしています。

今回もそのような『萩の再発見』の一コマを提供させて頂きます。
d0046290_18324453.png


d0046290_1833488.jpg


d0046290_18332114.jpg


d0046290_18341474.jpg


d0046290_18343658.jpg


d0046290_1835369.jpg


[PR]
by NPOmachihaku | 2012-11-30 18:35 | 学芸サポート・古写真班
萩ふるさとまつり
平成24年11月10日(土)、11日(日)に萩ふるさとまつりが中央公園にて開催されました。
NPO萩まちじゅう博物館からは、あい班と自然おたから班が参加し「生葉のたたき染め」と「タカラガイのストラップ作り」を実施しました。
悪天候の中たくさんのお客様に来ていただき楽しんでいただきました。
d0046290_9554586.png


d0046290_9575622.png


d0046290_9582698.png


d0046290_1002242.png


d0046290_1005081.png


               11/11(日)
d0046290_10125100.png


d0046290_1015992.png


d0046290_1023570.png


d0046290_104461.png


d0046290_105828.png


悪天候の中、多くのお客様に来ていただきありがとうございました。
お客様との交流はやっぱりいいですね!
「NPO萩まちじゅう博物館」は今後もまちじゅう博物館の推進活動に努めてまいります。
[PR]
by NPOmachihaku | 2012-11-28 10:07 | イベント企画
『スライドを見る集い Vol.Ⅱ~11.2』 市民活動センター『結』で開催 
先月から始った「市民活動センター・結」でのスライド上映会の二度目を開催しました。
古写真班では毎月テーマを替えて写真展示をしており、その月の展示写真をメインにスライドを見ていただくものです。

今月は萩の秋の風物詩・天神祭りを題材にとり上げています。
d0046290_1094672.jpg


この神社は古くは金谷天満宮と呼ばれ、文治二年(1186)に長門守護佐々木四郎高綱が太宰府天満宮を現在地よりやや東方の奥金谷に勧請し、
享保五年(1720)に現在地に遷宮し、朱塗の社殿・回廊・社坊の本堂・庫裏・鳥居・神楽堂・仁王門・鐘楼・心字池などが順次に完成したといいます。
この秋の祭礼には神輿・神幣・網代(あじろ)・聖(ひじり)幸・踊車などの奉納があって賑い、御備(おそなえ)と呼ばれる長州一本槍の大名行列など
伝統が引き継がれています。

平安古備組による「手廻備行列(てまわりそなえぎょうれつ)」と、「小行司の行列」と呼ばれていた古萩町大名行列では、
正装し馬にまたがる「旦那」や大勢の見物人でにぎわう通りなど、今とはまたひと味違った趣きが感じられます。
d0046290_10122286.jpg


かつては天神さまのお祭りにはみぞれが降ったり、あるいは各家々ではこたつを出したりしたものでしたが、
現在では地球温暖化の影響か「天神さまイコールこたつ」と感じるような冷え込みには多少早いかもしれませんが、
それでもこのお祭りが終わると季節は冬に替わるのだと感じるのは私だけではないのでは?

この日のお客さまは市内江向在住のおふたり。
時間の都合で途中退席されたご婦人は杉家のお身内にあたるそうで、またの機会にいろんなお話を伺うことができればと思いました。
「ひとりで話を聞いていると何だか補習で居残りさせられているようだな」と笑っておられた男性。
いえいえ、あなただけのとても贅沢な時間だと思ってくださいね。

今年の天神祭りは11月11日(日)に行われます。
ぜひ「結」に展示してある非常に賑わっていた過去のお祭りの様子を事前にご覧いただいたうえで当日を迎えてはいかがでしょう。
いつものお祭りが二倍楽しめるかもしれません。      

加えて、、是非金谷神社へ参拝して、そこでしか味わえない祭りの風情を感じて頂ければと思います。<Y・K>
d0046290_10164950.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-11-20 10:16 | 学芸サポート・古写真班
松陰記念館班の活動
d0046290_10285192.png


 道の駅「萩往還」の中央にあります『松陰記念館』をご存知ですか。
平成4年 萩有料道路が開通し、その料金所の所に道の駅と当館がオープンしました。
萩市観光の入口で「松陰先生の教えと生き方」をご案内しております。
 有料道路も昨年の国体を機会に無料となり、道の駅と松陰記念館は山口県から萩市に移管されました。
20年前にオープンしましたが有料道路時代はあまり利用されてなかったようで、一昨年萩市の管理となり道路は無料、
道の駅と当記念館はリニューアルされその規模と内容も一新されました。
d0046290_10345920.png


 当館は道の駅から独立した萩市直轄のミュージアムとしてNPO萩まちじゅう博物館が受託管理し、
会員7名が年中無休でご案内をしております。5月の連休や夏休み等は一日2000名近くの入館者があり館内は大賑わいとなります。
松陰先生についての質問も多く有りますが、連休時等は萩観光のご案内となります。
萩の入口と云うこともあり、萩の見所や観光コースの設定等を楽しく「おもてなし」をさせて戴いています。
 又、NPO萩まちじゅう博物館「花と緑の推進班」の協力で四季折々の美しい花もご覧いただけます。
秋は松下村塾の前に菊の大輪を置き、時代を超えた萩の歴史を体感しています。
私たちは、萩観光及び松陰先生の学習に役立つように、それぞれの研修を重ねて皆様をお待ちしています。
d0046290_10474387.png

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-11-16 10:47 | 松陰記念館班
菊展示!
花と緑の推進班では、5月より菊を育ててきました。
いよいよ本日が大舞台への出番です。
班員みんなで輪台をつけ、長屋門前での展示が完了しました。
萩博物館の特別展「藤田美術館の名宝展」に来られた際には、どうぞお立ち寄り下さい。
d0046290_152322.png


d0046290_1512559.png


d0046290_1523226.png


完成です。夏の暑さや害虫にも耐えてくれ、りっぱに開花してくれました。
花と緑の推進班の育てた花は、松陰記念館や萩セミナーハウスにも置いてあります。
どうぞお立ち寄り下さい。
[PR]
by NPOmachihaku | 2012-11-13 15:25 | 花と緑の推進班
ただ今進行中~角川今昔物語~10.24
恒例の年末年始の展示に向けて春から少しずつ準備をしている『「角川今昔写真」の「今」』をたどる活動の報告です。
展示まであとふた月を切りそろそろ焦りも感じる昨今、梅雨空の7月に続き現状確認のフィールドワークに出かけました。
d0046290_1358235.jpg


おいしいパン屋さんのあった西田町を皮切りに、今は無き別院本堂跡・焼酎工場跡、
蓮田の水面に映る円型校舎等、前回かなわなかった計18箇所を確認です。
当時のままの面影をとどめている箇所もあれば、影も形も無くなってしまった箇所もあり、毎回苦労するところです。
d0046290_13585377.jpg


せめて「山」「石垣」等を利用してポイントがつかめれば~とぼやきも聞かれました。

何はともあれpartⅡに該当の30箇所はすべて完了。
天候やその他の状況による撮り直しも含め、これからどの(誰の)写真が新旧対比として最もふさわしいかの検討や選択作業が待っています。
d0046290_1359455.jpg


今回の成果は『角川萩今昔写真・その後』として、帰省やお正月休みのお客さまでにぎわう年末年始に
萩博物館のエントランスホールで展示の予定です。
たくさんのお運び、お待ち申しあげております。 <YK>
d0046290_1403246.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2012-11-03 14:00 | 学芸サポート・古写真班
『昭和の記憶・秋 天神祭り』 市民活動センター『結』で展示
古くは金谷天満宮と呼ばれ、文治二年(1186)に長門守護佐々木四郎高綱が太宰府天満宮を現在地よりやや東方の奥金谷に勧請し、
享保五年(1720)に現在地に遷宮し、朱塗の社殿・回廊・社坊の本堂・庫裏・鳥居・神楽堂・仁王門・鐘楼・心字池などが順次に完成したといいます。

この秋の祭礼には神輿・神幣・網代(あじろ)・聖(ひじり)幸・踊車などの奉納があって賑い、
御備(おそなえ)と呼ばれる長州一本槍の大名行列など伝統が引き継がれています。

しかし、最近では祭礼日が『ふるさとまつり』『時代まつり』など同時開催され、人の流れが当時と一変しています。
『まちじゅう博物館』を提唱している今日、再度全体的に検討・考慮することを痛感し、以前の写真をいざなってみました。


『昭和の記憶・秋 天神祭
開催期間 平成24年10月末~11月末頃(水曜日閉館)
会 場  市民活動センター『結』
内 容  天神祭関係写真等
(白黒:15枚、カラー:8枚) 
d0046290_1152980.jpg


関連『古写真で萩再発見』(スライドを見る集い) 
日時:11/2(金)   14:00~15:30
   会場:市民活動センター『結』多目的スペース
   今回内容『昭和の記憶・秋 天神祭』など 
来場者の方々のご要望にお応えできるような内容を考慮します

併せて、皆さまのお越しをお待ちしております。

なお、12月の開催は都合により 12/14(金)に変更させていただきます。
[PR]
by npomachihaku | 2012-11-02 11:54 | 学芸サポート・古写真班