<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
平成24年度 市民講座開設!!
NPO萩まちじゅう博物館では、市民の皆様に萩地方の歴史・文化・自然について理解し、親しんでいただくために、
本年度も以下のとおり萩博物館講座室で市民講座を開設いたします。

■と き   5月24日~12月13日の原則第2木曜日
       午前10時~正午(現地研修がある場合は午後4時まで)
■ところ   萩博物館講座室および現地
■参加料  500円(資料代、全講座分)


※都合により変更の場合があります

*回     *日   時       *講義内容             *講師

  1      5月24日(木)    伝建地区「佐々並」の歴史     萩市文化財保護課 主任専門職
                      (午後現地研修)           大槻洋二

  2      6月14日(木)    大茶人 藤田伝三郎         萩博物館副館長
                                            樋口尚樹

  3      7月12日(木)    山口県の活断層と地震       山口大学大学院理工学研究科教授
                                            金折裕司

  4      9月13日(木)    萩焼-茶碗への憧れ        13代坂高麗左右衛門
                                            坂純子

  5      10月11日(木)   揖取素彦                萩博物館研究員
                                            道迫真吾

  6      11月8日(木)    萩の街道                山口県文書館研究員
                                            山田稔

  7      12月13日(木)   活動発表              NPO萩まち博 学芸サポート・古写真班
                      「古写真を通し 萩の再発見」    木村登


申し込みは4月30日までにNPO萩まちじゅう博物館事務局(0838-25-3177)へお願いします。


d0046290_1346525.jpg

昨年の講座の様子
[PR]
by npomachihaku | 2012-04-27 13:46 | 研修班
『忘れじの学び舎②』市民活動センターで展示
同タイトルでの前回は萩高等学校前身の俗に言われる萩高女とか南校を対象として、色々と思い出と、懐かしさを感じて頂きました。

今回第2回目と言うことで、長い歴史と多くの卒業生を送り出した『明倫小学校の特集』をと考えていましたが、
意外と展示写真にする対象が少ないことで見送りました。
以前発刊の『明倫小100年誌』がとても懐かしく思い出されます。
その明倫小は近年に校舎が変わる話題もあり、写真とともに大事に歴史を刻みたいものです。

一方、市内で廃校や、校舎の建て替え、校名の変更など変化した学校もありますので、それらの学校の紹介と懐かしい写真を選択させていただきました。
各々卒業をされた方々には大変考え深く、懐かしんで頂けるものと思います。

皆さんも遠い昔の記憶を呼び起こしてみて頂けたらと存じます。

『忘れじの学び舎②』
開催期間 平成24年4月末~5月末頃(水曜日閉館)
会 場  市民活動センター『結』
内 容  市内の廃校・建替え校舎、明倫小の歴史等
(白黒:24枚)
d0046290_13322759.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2012-04-26 13:32 | 学芸サポート・古写真班
『萩往還』を巡る~4.19
萩往還は慶長9年(1604年)萩城築城後毛利公の「お成り道」として開かれた萩唐樋札場と防府三田尻を結ぶ12里(約53㌔)の街道です。
博物館に残された写真を手にいくつかのポイントを回ってみました。

「首切れ地蔵」「上長瀬一里塚」「逆修石」「氷室の跡」「鰐石の重岩」等々、参勤交代道として整備され維新の志士たちも多数往来したであろうこの道は、
知れば知るほど見れば見るほど、かつての歴史がしのばれ身の引き締まる思いとともに、非常に奥深く何度でも足を運びたい気持ちになります。

この街道には殿さま一行の通行に伴う各種の施設もあり、休憩用として佐々並市に、宿泊用として山口・三田尻にそれぞれ「お茶屋」が設けられました。
その三田尻お茶屋「英雲荘」を訪れることになったいきさつは一昨年にさかのぼり、当班毎月恒例の「一枚の写真」に端を発しています。
「松陰神社の花月楼、最初はどこにあったの?」「どうやらあちこち移転を繰り返したらしい」
そんな会話が重なりずっと温めていた三田尻のお茶屋への訪問が二年近くたってやっと実現しました。
(詳細はこちらから→http://machihaku.exblog.jp/m2010-08-01/)

最後は当ブログでおなじみHさんの地元である秋穂まで足を伸ばしました。
Hさんの活動拠点である秋穂図書館をながめた後、三田尻塩田記念産業公園に向かいます。
ちなみにこの施設の建設には竹下内閣時の「ふるさと創生事業」の交付金が充てられたもののそれだけではまかなえず、結局総額4億8千万円を要したとか。

塩は人間の体に欠かすことのできないものです。
話を聞いた時は全くの想像の世界でしたがこちらで映像に触れ説明を聞き復元された施設を見て、
塩作りに携わってこられた方々のご苦労がやっとほんの少しだけわかった気がしました。

今回の道中の佐々並総合事務所に立ち寄り、今秋当地のお祭りに写真展示を計画していること、
またその展示に地元の方々と協働して頂くことをお願いし快諾いただきました。
当地が伝統的建造物保存地区に制定されて間がないことで、一緒に盛り上げられたらと思っております。
次の現地確認で立ち寄った『山口ふるさと伝承総合センター』では暖かく対応いただき、既に解体された建物を確認することができありがとうございました。
山口市の大内~小鯖は狭路を車上から今回の目的地の防府英雲荘へ。
修復後の公開で慌ただしくされている中、当方の日常活動の紹介と、今回の訪問の目的をお話すると、
お気遣いいただいてのご説明、ご案内をしていただきました。大変感謝するとともに、今後の交流も併せてお願い致しました。

今回の活動の一端を写真貼付で紹介といたします。    <YK>
d0046290_1003461.jpg

d0046290_1004954.jpg

d0046290_1005975.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2012-04-26 10:01 | 学芸サポート・古写真班
受け入れ民具の記録作業!
本日は学芸サポート・民具班の活動日です。
今日は2班に別れての作業となりました。
1班は、市民の方から受け入れた民具の記録作業です。
1つ1つを確認しながら、大きさ、材質、特徴etc.を記入し、番号を付け、最後に写真を撮って終了です。
37個が本日の成果です。
もう1班は、先日の作業の続きで、古いマッチ箱の記録を行いました。
地道な作業ですが、班員仲良く楽しく活動しています。
d0046290_10485023.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2012-04-25 10:49 | 学芸サポート・民具班
長屋門でのおもてなし打合せ
本日は学芸サポート・民具班の活動日です。
ゴールデンWEEK 5/4、5 に行われる「長屋門でのおもてなし」の打合せを中心に行いました。
今回のおもてなしは、古民具の案内以外に、萩博物館にいらしたお子様にシャボン玉で遊んでもらおうと計画しています。
また、大人の方には昔懐かしいレコードを聴いていただき、青春時代に戻っていただければと思っています。
ゴールデンWEEKは、ぜひ萩博物館へお越し下さい。
お待ちしております。
d0046290_10232485.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2012-04-19 10:24 | 学芸サポート・民具班
『浜崎伝建おたから博物館』に参加します 
市内浜崎地区は萩城下町の中でも古くから栄えた町で、主に古い商家の建築物を残し、
平成13年11月に伝統的建造物群保存地区【港町】に制定されました。
萩まちじゅう博物館より先に屋根のない町ぐるみの博物館としてスタートしています。

その浜崎において『第15回 浜崎伝建おたから博物館』が開催されます。
当日は地区内の多くの住居が開放され自家のお宝を展示したり、通りでの屋台や魚市場をお食事処として提供する等、
初夏の一日を十分に堪能できます。

NPOからは「古写真班」「レコード班」「歴史班」の参加で囃し立て、当地を盛り上げる一助となればと思っています。
「古写真班」では明治の大パノラマ写真を展示し、現在とタイムスリップして頂こうと思っています。
「レコード班」では昭和の懐かしいレコード音楽をお楽しみ頂こうと思っています。
「歴史班」では襖の下張り剥がしの体験をして頂こうと思っています。

<主催者側からのお知らせ>
①萩市役所、農協裏の駐車場を利用し、市役所から『まぁーるバス』臨時便をご利用下さい。(100円) ②萩商港の駐車場をご利用下さい。

天気に恵まれ沢山の方にお越しいただけますよう期待しております。
d0046290_1522281.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2012-04-18 15:22 | 学芸サポート・古写真班
学芸サポート・生物班の紹介
本年度から新しく出来ました生物班は、毎週火曜の14時から活動しています。
月1回は野外採集、月3回は室内作業の予定です。
萩の海の環境を知る上で重要な貝(タカラガイなど)を採集したり種類の見分け方を勉強し、
館の研究・普及活動に積極的に関わっていきます。
d0046290_15431251.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2012-04-12 15:43 | 学芸サポート・生物班
『一枚の古写真』2012年3月の報告と4月の課題 
今回も前月の報告に併せ新しい課題を挙げておりますのでご一緒に考えて見ていただければと思います。
d0046290_16284311.jpg

d0046290_16293319.jpg

d0046290_16301849.jpg

d0046290_1631686.jpg

d0046290_16314165.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2012-04-09 16:32 | 学芸サポート・古写真班