<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
『半世紀前の宮本常一氏に会ってみませんか?』
宮本常一氏は1960(昭和35)年から三年間(3回)、見島総合学術調査の一員として参加されました。
当時同行の旧萩郷土博物館職員に撮られた宮本氏の素顔の写真が残されています。
d0046290_1357239.jpg


この調査の際に撮影された宮本氏の写真(600枚余)は現在周防大島文化交流センターに保管されています。
私達は過去4年間5回当地を訪問しての『まなざしを追う』活動を行ってきましたが、
本年は一区切りとして原点に立ち返り、著書「私の日本地図13 萩付近」掲載の場所を限定しました。

限られた調査の時間でしたが、宮本氏が調査で歩かれた島内をこれまで以上にまなざしを追い、その現在を撮りました。
また、地元の方々との交流も深まり宮本氏の残された「見かた、考え方」を共有できた気がします。
今回大きな目標の一つ、「天下泰平の夢 海の子・・」と表現された当時の少年たちに会って色々と話を聞くことも実現しました。

実に半世紀間をタイムスリップする今昔を展示を通して見て頂ければと存じます。
宮本氏が何を見て、何を感じ、何を残されたか等展示を見て感じてみて頂ければ幸いです。
23日から展示しておりますが目に見えない宮本常一ファンの息吹を感じています。
限られた期間ですが、より多くの方々と共感したいと思います。

『宮本常一氏の足跡 見島の今昔』
期間  平成23年12月23日~平成24年1月17日(期間中無休)
会場  萩博物館 エントランスホール 
内容  『私の日本地図13 萩付近』掲載写真(昭和35~37年調査)
その現在の定点撮影  約50箇所 新旧約100点、
その他、写真に撮られた宮本氏、その氏のまなざしを追う活動紹介など
※期間中来館者の皆様との交流を可能な限り(午後)と考えております(古写真班)
d0046290_142826.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2011-12-27 14:02 | 学芸サポート・古写真班
『昭和の記憶・冬』市民活動センターで展示
昨年も同名タイトルで展示をしました角川政治氏の写真の中からの『冬』シリーズです。
写真を選択しながら感じますのに、近年写真程の厳しい寒さはないように思います。

皆さんも写真を見ながら遠い昔の記憶を呼び起こしてみて下さい。

『昭和の記憶・冬』
開催期間 平成23年12月末~翌年1月末頃(水曜日閉館)
会 場  市民活動センター『結』
内 容  冬のくらし(白黒)(カラー) 冬景色(カラー) 全23点
d0046290_9521444.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2011-12-24 09:52 | 学芸サポート・古写真班
ショップ班&レストラン班の年末年始についてお知らせ
【萩博物館ミュージアムショップ】

萩博物館ミュージアムショップでは、1/1(日)~1/3(火)にお買い上げされた方全員に、
「萩博オリジナルハガキ」と「しおり」をプレゼントします。
年末年始のお土産としてお使いになられる商品も多数ございます。
皆様のご来店をお待ちしております。

× - × - × - × - × - × - × - × - × - × - × - × - × - × - × -

【萩博物館レストラン】

萩博物館レストランでは、1/1(日)~1/3(火)に限り、お食事をされた方にコーヒーを無料でサービスいたします。
なお、年末年始は「うどん」・「ハヤシライス」での限定メニューとなっております。
温かい「甘酒」もございます。
皆様のご来店をお待ちしております。
[PR]
by NPOmachihaku | 2011-12-20 12:53 | NPO
『一枚の古写真』2011年11月の報告と12月の課題
今回も前月の報告に併せ新しい課題を挙げておりますのでご一緒に考えて見ていただければと思います。
d0046290_13272651.jpg


d0046290_13282039.jpg


d0046290_1328489.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2011-12-15 13:29 | 学芸サポート・古写真班
『冬休み期間に萩博物館へどうぞ!!』
年末年始に萩に帰省される方、冬休みにどこへ出かけようかとお考えの方、萩博物館にいらっしゃいませんか。

期間中ご来場の方々へのプレゼント企画として、当館エントランスホールにて写真展示を開催致します。
今回は萩市沖の離島・「見島」にスポットを当てています。
周防大島出身の民俗学者宮本常一氏は昭和35~37年(1960~62)の見島総合学術調査に参加されました。
後に出版された『私の日本地図13 萩付近』にはその際の記録写真や見島に対する氏の想いがあれこれ綴られており、
当時掲載されたものと現在とを対比展開した写真展です。
過去四年間で見島を五度訪問した我々の活動の成果や熱い想いが詰まった一つの区切りでもあります。
ひとりでも多くの方にご覧いただき、小さな感想などお聞かせくださると嬉しく思います。

是非冬休み期間に萩博物館へお越し下さいませ。

『宮本常一氏の足跡 見島の今昔』

期間  平成23年12月23日~平成24年1月17日
会場  萩博物館 エントランスホール 
内容  『私の日本地図13 萩付近』掲載写真(昭和35~37年調査)
    その現在の定点撮影  約50箇所 新旧約100点、
    その他、写真に撮られた宮本氏、その氏のまなざしを追う活動紹介など

情報交流会 平成23年12月24日(土)13:30~16:00 <展示場にて>
<KY>


d0046290_20385339.jpg

先日訪問した見島の公民館だより『わ』に、訪問時のことと展示会計画を掲載して頂きました。
その他、見島の歴史的紹介を継続して紹介されていますのでご覧ください。

http://www.city.hagi.lg.jp/soshiki/detail.html?lif_id=21920
d0046290_20391370.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2011-12-15 10:43 | 学芸サポート・古写真班
「甘酒」始まりました!
d0046290_108387.jpg

萩博物館レストランでは、12月1日(木)より「甘酒」を始めました。
おいしくて、温まります!ぜひ、どうぞ。
[PR]
by NPOmachihaku | 2011-12-05 10:09 | レストラン班
『昭和の記憶・萩往還』市民活動センターで展示
毛利氏が萩に居城を開いて以降、江戸までの参勤交代道として整備された『萩往還』があります。
今回は昭和44年(1969)の「歩こう会」の記録から選択をしました。

佐々並地区は本年6月に『佐々並市重要伝統的建造物群保存地区』として選定されました。
これで萩市では4地区目となり大都市や古都をしのぎ、全国的にみても京都市と並ぶトップとなっています。
名実ともに歴史のある街道を誇りに思い、今後も大事に守って活用して行きたいものです。

12月末あたりまで展示の予定です。
お近くに行かれた際にはお立ち寄り下さいませ。
そして皆さまも『萩往還』を歩いてみませんか。

『昭和の記憶・萩往還』
開催期間 平成23年11月末~12月末頃
会 場   市民活動センター『結』
内 容   萩~明木、明木~佐々並、佐々並~山口 (白黒)26点
d0046290_1527826.jpg

[PR]
by NPOmachihaku | 2011-12-02 15:27 | 学芸サポート・古写真班