<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
『昭和の記憶・夏』市民活動センターで展示 <学芸サポート・古写真班>
昨年より四季の移り変わりを短期間で紹介していますシリーズで、
この程『昭和の記憶・夏』として角川政治氏の写真展示を行います。

皆さまの懐かしい記憶の呼び起こしと再発見につながればと思います。

『昭和の記憶・夏』
開催日時 平成23年6月末~7月末頃
会 場  市民活動センター『結』
内 容  市内夏景色・光景   カラーA4  24点

d0046290_11374315.jpg


皆さまのお越しをお待ちしております。
[PR]
by npomachihaku | 2011-06-29 11:39 | 学芸サポート・古写真班
宮本常一氏の「まなざしを追って」 川上 2011.6.15
我々、古写真班のライフワークとも言うべき民俗学者・宮本常一氏の『まなざしを追う』活動をご紹介いたします。

今回の訪問地は川上の筏場~遠谷、そして佐々並経由で笹尾~杣木谷のルートをたどりました。
これは宮本氏の昭和37年・44年の訪問の記録をもとにその足跡を巡りました。

梅雨の合間の薄曇りの午後、まず遠谷川沿いの県道を上流に遠谷地区の福昌院まで向かいました。
遠目にも目立つオレンジのポロシャツ姿の我々に近づいてこられる方が…
同日の午前中に筏場集会所で行った出前講座にご参加いただいた地元の阿武さんでした。
同氏の築100年の店舗兼ご自宅は、「凝った装飾など、当時の隆盛がうかがえ、周辺の自然と調和した風景を残している」ことで
平成22年度萩景観賞を受賞されていた程、素晴らしい建物でした。
また、それを維持することの大変さも改めて考えさせられました。

こうして地域の要所でかつての様子を聞きつつ足跡の場所を探り、現状をカメラにおさめ、進めていきました。

後半は一度佐々並を経由して笹尾・杣木谷へと再開しましたが、こちらは時間も気になり、場所の特定が困難を極め
思うような成果とはならなかったのが少々残念なところでした。

「継続は力なり」小さな歩みでも今後も積み重ねていけたらと思っています。
『まなざしを追う』活動はまだまだ続きます。 <YAK>

◆阿武さんのお宅にて
d0046290_15102027.jpg


◆阿武さんから色々お聞きしながら・・
d0046290_1511536.jpg


◆佐々並への移動の途中の「落合の石橋」にて
d0046290_15114172.jpg
[PR]
by npomachihaku | 2011-06-21 15:11 | 学芸サポート・古写真班
レストラン班よりお知らせ
ソーメンを始めました!
皆様のお越しをお待ちしております。

d0046290_14584110.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2011-06-21 14:59 | レストラン班
一斉清掃
6月14日(火)に行われた一斉清掃の模様をご紹介します。
会員約50名が集まり、朝9時より始まりました。
今回は主庭園の草取りです。
約1時間の作業でしたが、大量の雑草をぬくことができました。
暑い中お疲れ様でした。

d0046290_13352513.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2011-06-21 13:35 | NPO
出前に参上いたします~筏場・「五の会」にて <学芸サポート・古写真班>
阿武川の上流に向かい公民館・総合事務所方面へ架かる三徳(みのり)橋の手前を右方向・南側に折れた
最初の集落が筏場です。

今回出前講座(活動)先がこの筏場地区「五の会」の皆さまでした。
「五の会」の名前の由来は『「五」のつく日に集いましょう』だとか。
そう、私たちが呼ばれたこの日はまぎれもなく「15日」でした。

時間が近づき、会場の筏場集会所に三々五々集まって来られました。
畳敷きの部屋の思い思いの場所にそれぞれ座っていただき、お待ちかね、スライド上映の始まりです。
今回のテーマは「水害との闘い」「運動会の思い出」の写真を選択しましたが、さあ、どんな展開になったでしょうか。

「東日本大震災」の大津波の記憶も新しい今、かつてこの場所も度重なる洪水に見舞われたところです。
阿東町に源を発する二級河川の阿武川と県道に沿って流れる遠谷川にはさまれ、災害時は大水が渦を巻いて逆流し
自宅の二階5㎝の位置まで水に浸かったことをお話しくださいました。
この地に広がるのどかな風景の裏に言葉に尽くせぬ苦渋も察せられ、大切な人を亡くし、家も仕事も無くし、
現在なお避難生活を送る東北の被災者の姿が胸をよぎりました。

一転、いつも盛り上がるのが「村民運動会」を写したものでした。
必死の形相での綱引きあり、「これは誰?」の仮装ありで、笑いの渦に包まれました。
最近のことはあやしくても昔のことは覚えているのが我々の年代の特徴でしょうか。
どの会場でも誰もが若かったあの頃に返り、しばし思い出に花が咲きました。

あなたのお宅に眠っているセピア色に変色したアルバムを取り出してみませんか?
ご家族で、お仲間で、あるいは私たちと…
写真の中の懐かしい人との再会、忘れかけていたあの歌が口をついて出るかもしれません。<YAK>

◆場の遮光対策は今後の課題となりました。その他にも・・
d0046290_11381215.jpg


◆時間経過に伴い益々和やかに・・
d0046290_11412270.jpg


◆上映会を終えて一同介して
d0046290_11421235.jpg
[PR]
by npomachihaku | 2011-06-21 11:42 | 学芸サポート・古写真班
『一枚の古写真』2011年5月の報告と6月の課題 <学芸サポート・古写真班>
今回も前月の報告に併せ新しい課題を挙げておりますのでご一緒に考えて見ていただければと思います。

d0046290_9552134.jpg


d0046290_9554864.jpg


d0046290_956927.jpg


d0046290_956522.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2011-06-07 09:57 | 学芸サポート・古写真班