<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ダム水没地区の懐かしい写真をご覧になりませんか?
昨年より阿武川ダム水没地区の方々と交流会を行っておりますが、次の日時で三回目を開催致します。
この機会に多くの皆様にダム湖底に沈んだ村々の記録を見ていただき、そこで生活された水没地区の方々との
交流を通し見聞していただければと思いお誘い致します。

阿武川ダム水没地区交流会 ・ スライド上映会

開催日時  2011年4月4日(月) 10:00~12:00
会  場  萩博物館 講座室
参加費   無料

上映内容  角川政治氏撮影写真を中心
[PR]
by npomachihaku | 2011-03-31 13:13 | 学芸サポート・古写真班
『昭和の記憶・懐かしい建物』市民活動センターで展示 <学芸サポート・古写真班>
市民活動センター『結』で、角川政治氏の写真を色々なシリーズで紹介しております。
短期間に多くの写真を用いての展示は大変勿体ない気がしますが、より早く多くの方にご覧いただきたいとの思いで一杯です。
今回の『昭和の記憶・懐かしい建物』は今後継続して展示してまいりますが、これら懐かしい建物の数々が
どれだけご記憶に残っていることでしょう。
是非、ご自身の目でご確認いただければと存じます。

『昭和の記憶・懐かしい建物』
開催期間 平成23年3月28日より 5月中頃
会 場  市民活動センター『結』
内 容  昭和30、40年代の市内建物  白黒A4  8点 順次更新していきます

d0046290_9494285.jpg

皆さまのお越しをお待ちしております。
[PR]
by npomachihaku | 2011-03-31 09:50 | 学芸サポート・古写真班
阿武川歴史民俗資料館 特別展示 <学芸サポート・古写真班>
阿武川ダムにより水没した地域の歴史的背景と共に多くの民具資料等を展示した『阿武川歴史民俗資料館』において、
角川政治さんが長年撮り続けられた記録を展示致します。

会場は展示資料の間を利用しての展示ですので多少窮屈ですが、4月からダム湖遊覧船の再就航に伴い
多くの方に見て頂きたいと思います。

タイトルはご本人が以前当地で開催された写真展『渓谷に生きる人々』を継承致しました。

『渓谷に生きる人々』
開催期間 平成23年3月20日より
会 場  萩市川上『阿武川歴史民俗資料館』
     (阿武川ダムサイト付近)
内 容  白黒  A4  70点
     カラー A4  35点

d0046290_15374887.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2011-03-25 15:40 | 学芸サポート・古写真班
『かわかみ雑学塾』に招かれて     <学芸サポート・古写真班>
私ども「NPO萩まちじゅう博物館 学芸サポート・古写真班」が川上にお邪魔いたしました。
今回は「かわかみ雑学塾」の講師として参上です。
『懐かしいふるさとを振り返る』と題しまして、多くの写真の中から「養蚕業や薪炭業などの生活の糧となるもの」
「楽しい村民運動会」「懐かしい人」「ダム工事関連」など、あらかじめ大まかなテーマごとに分類作成したものを
スライド上映の形でご覧いただきました。

「雑学塾」の生徒さんに加えて、この日は「いきいきサロン」の皆さまもご参加いただき総勢30名近くの方々で賑わいました。
「私が写っちょら~ね」「あれは〇〇の婆ちゃん」など、写真の中の懐かしい顔に再会し笑みがこぼれ、時にはどっと沸く場面もありました。

春が近いとはいえ冬に逆戻りしたような寒い日、わざわざご参加いただいた喜びとともに皆さまの笑顔や
「ありがとう」の言葉が何よりの励みになります。
また、その地域の暮らしの様子や当時の思い出等を聞かせてくださることが楽しみでもあります。
皆さまのお気持ちに御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

目立たぬ小さな活動ではありますが、今後も私たちの可能な範囲で少しずつ積み重ねていくことができたらと思っております。
次はあなたの町でお目にかかれますように。(YK)

d0046290_1513953.jpg

地元の「的まつり」をK館長より説明していただきました

d0046290_1522646.jpg

説明を真剣に聞かれる場面も・・

d0046290_1514225.jpg

中にはご本人が写った写真も・・ 約40年前の自分との再会でした
[PR]
by npomachihaku | 2011-03-25 15:12 | 学芸サポート・古写真班
『昭和の記憶・春』市民活動センターで展示 <学芸サポート・古写真班>
昨年より四季の移り変わりを短期間で紹介していますシリーズで、この程『昭和の記憶・春』として角川政治氏の写真展示を行います。

17点の内容ですが、皆さまの懐かしい記憶の呼び起こしと再発見につながればと思います。
何よりも春の息吹が感じられると良いがと思っております。

なお、現在『昭和の記憶・懐かしい通り』を併催中ですがまもなく『昭和の記憶・懐かしい建物』を何度かに分けて展示予定です。


『昭和の記憶・春』
開催期間 平成23年3月10日より 4月中頃
会 場  市民活動センター『結』
内 容  市内景色・光景   白黒A4  17点


d0046290_10475576.jpg

皆さまのお越しをお待ちしております。
[PR]
by npomachihaku | 2011-03-14 10:51 | 学芸サポート・古写真班
『一枚の古写真』2011年2月の報告と3月の課題 <学芸サポート・古写真班>
今回も前月の報告に併せ新しい課題を挙げておりますのでご一緒に考えて見ていただければと思います。

d0046290_13172765.jpg


d0046290_13183712.jpg


d0046290_13193656.jpg


d0046290_13201279.jpg


d0046290_13205194.jpg


写真にある新堀川は、「昭和34年(1959)5月 新堀川のコンクリート壁工事(川幅を4.4mに狭める)が終わり、
排水装置が完成する。(萩市史年表)」とあります。
[PR]
by npomachihaku | 2011-03-07 13:22 | 学芸サポート・古写真班
『ダム水没地区(佐々連・仮館・清宗・木津原)との交流会』<学芸サポート・古写真班>
昨年の写真展を期にお付き合いの始った川上地区の皆さまと私たちですが、今回二度目の水没地区の方々との
交流会を催しました。(第一回の詳細はこちら→ http://machihaku.exblog.jp/12546138)
当日(2/27)は博物館で「ヨルダンウィーク」関連行事が行われて、急きょ市内の市民活動センター「結」での開催となりました。
開場時間の関係で多少の不手際もあり、ご参加いただいた皆さまにはご迷惑をおかけしたこと、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
今回は宮本常一氏撮影の「阿武川ダム水没緊急調査」時の写真を優先し、あらかじめ参加者の該当地区を想定した
写真のスライド上映を行いました。その際、関連地区の当時の航空写真(川上村史掲載)や地図等準備の上、
少しでもその情報に結び付けを図りました。
またご参加の方からは「清宗・木津原地区」の当時の住宅所在地の手書きの地図をいただき、「仮館地区」も同じく準備中とのこと、
嬉しく楽しみにお待ちしております。
結果として、参加者全員の思い出話や個別の情報収集までに至らなかったことや、スライド写真が思ったほどには進まなかったことは
少々残念でした。
次回は高瀬地区等、旧川上地域を広げての参加呼びかけを検討の予定です。
該当の皆さまのお運びお待ち申し上げます。      

交流会の意図を熱弁します
d0046290_1147766.jpg


当時の状況を熱く説明していただきました
d0046290_1148641.jpg


自分達の生まれ育った故郷を年月越えて懐かしく・・・
d0046290_11492314.jpg


交流会参加者の記念撮影です
d0046290_11501513.jpg
[PR]
by npomachihaku | 2011-03-07 11:50 | 学芸サポート・古写真班