<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
萩おもてなし大賞を受賞しました!
昨日(平成23年2月15日)開催された萩おもてなし大賞表彰式にて、
私たちNPO萩まちじゅう博物館が
おもてなし大賞(市民部門)を受賞しました!!



これからの活動に対する励ましと応援の声ととらえて、
ますますNPOまち博の活動・事業が萩のまちづくりや観光のお役に立てるよう精進していきたいですね。
[PR]
by NPOmachihaku | 2011-02-16 15:39 | NPO
『懐かしい萩』フィールドワーク <学芸サポート・古写真班>
現在萩博物館で開催中の『なつかしい萩』の中で展示されているパネル写真の一部を現地特定・確認としてフィールドワークを実施しました。

昭和10年頃の懐かしい萩の光景・状況ですが、次の写真を見て何処を想像されるでしょうか?
d0046290_11295262.jpg



河口の入り江に架かる橋、舟・舟、後方山手に寺院の建物が見えます。
これは市内の西方の玉江浦ですが、現状をご存知の方でも想像がつきにくいと思いました。
この地区の移り変わりを地図で見ますと、
d0046290_11305313.jpg



・玉江浦の湾内に二つ橋が写っていますが、昭和8年図に描かれています。
・写真後方の寺院は「観音院」です。
・直接関係はありませんが明治図には「瓊浦(たまうら)橋」が存在し、昭和図にはありません。
・堀内の「疎水」が昭和図に存在します。(大正13年起工)
・玉江浦に「魚市場」が昭和図に存在します。(大正3年開設)
・昭和12年(1937)常盤橋が完工。(着工11年10月13日。全長大橋254.45m、小橋36.35m、幅4.46m)

作業中の漁師さんに問い合わせして、場所の確認もできました。
その延縄作りは従来の竹製の入れ物が二周り大きい(プラスチック製タライを加工された様)器を使用されていました。(入れ物は「コーシキ」と言われていた)
ついで「青年宿での経験がありますか?」と問い合わせすると、「25歳まで居て退職(卒業)した」とのことでした。

最後に指月公園の花見の光景の写真を特定に行きました。
公園には猫が多く居て歓迎されました。
そんなこともあってか次の写真を見て「後に写っているのは猫じゃろう」と終始した特別参加のNさんの見解と、「そうではない」との見解がと二分して、
石組みを公園内探すも残念ながら特定できませんでした。
d0046290_11331673.jpg



写真の左側がその話題ですが、色々に見えますが帰着して再度写真を詳細にしてみると座った人達四人と、右には酒樽まで写っています。
正面男性の前には瓢箪徳利です。昔はこんなところも情緒があったと言えます。

今回のフィールドワークで何カ所か訪問したものの残念ながら不明な所も多々、今後も継続していくこととします。
[PR]
by npomachihaku | 2011-02-15 11:34 | 学芸サポート・古写真班
塀の話    <学芸サポート・古写真班>
最近市内の所々で土塀の痛みが進み修復されている光景があります。
特にその規模が大きい問田益田家土塀は堀内後町筋にあって観光客の注目されるところです。
現在その北側(後町)の石組み塀が修復されています。
先日施工者の方と現地で話したことですが、「壊れる要因は?」と訪ねると「第一に車の振動、第二が木々の根が張って
押し出されたこと」と言うことを聞きちょっと驚きましたが、「当時は歩くか馬でしたから」、「夏みかんの栽培に防風木を植え
ているその成長によるもの」と付け加えられ「確かに・・」と。
最近よく使う写真ですがその場所がこの通りの付近でした。

d0046290_1462592.jpg

d0046290_1472582.jpg



[萩市の文化財]の中の「問田益田家の土塀」ついては次の通り説明されています。
問田益田家は永代家老益田家の分家筋にあたり、給領地(4,096 石)を問田(現 山口市)に持っていたのでこう呼ばれた。
この土塀のある堀内地区は旧萩城三の丸にあたり、高い土塀を巡らした重臣たちの屋敷が建ち並んでいた所で、
重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。この地域には土塀が数多く残っているが、なかでも延長231.7mある
問田益田氏旧宅土塀は往時の姿を最もよくとどめている。
土塀の構造は下部の石垣部と上部の塗壁に分かれており、石垣部分は高さ約1.0m、幅1.1m、上部の塗壁部分は
高さ1.45m、幅0.8m、本瓦葺の堂々たるものである。藩政時代この一帯の塀壁はすべて白壁で天気の良い日には
まばゆいほどであったと伝えられている。

※同土塀の延長231.7mの内、最長の東側面(横町)は約145m程度と言われています。

今後の勉強会の資料に加えていくことにします。
[PR]
by npomachihaku | 2011-02-08 14:13 | 学芸サポート・古写真班
『昭和の記憶・懐かしい通り』市民活動センターで展示 <学芸サポート・古写真班>
市民活動センター『結』で、角川政治氏の写真を用いて『昭和の記憶・懐かしい通り』と題して八枚の写真ではありますが、
大変懐かしい場所・情景の写真の数々です。

中には今年新設移転したばかりの萩市立図書館が建つ以前の光景です。
(その萩市立図書館は昭和49年(1974)9月26日に完成、開館式を行なわれています)
d0046290_9141152.jpg


「人々の通い合う 賑わうまちがそこに・・」

なお、同時に萩の『ある時・ある処』として今回は河添・平安古地域の一部、18カ所の1976年と2009年を対比しての
内容で展示しております。
皆さまの再発見と、記憶の奥にあるものを引き出して、当時の懐かしさ、元気を呼び起こしてくれるのではないでしょうか? 
気軽に立ち寄って頂ければと存じます。

『昭和の記憶・懐かしい通り』
開催期間 平成23年2月4日より 3月中頃
会 場  市民活動センター『結』
内 容  昭和30、40年代の市内8カ所の光景   白黒A4  8点
d0046290_9271321.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2011-02-08 09:27 | 学芸サポート・古写真班
『一枚の古写真』2011年1月の報告と2月の課題 <学芸サポート・古写真班>
今回も前月の報告に併せ新しい課題を挙げておりますのでご一緒に考えて見ていただければと思います。
d0046290_15325424.jpg


[状況]  
何処? ・萩市江向  元山口県立萩商業高校(現在旧山口県立萩工業学校と統合して、
市内平安古の元萩工業高校敷地内に山口県立萩商工高等学校として2006年(平成18年)開校している)
  何が? ・新堀筋から新堀川を挟んで「萩商業学校」
  いつ頃か? 県立萩商業学校となったのは昭和15年と言うことで昭和初期頃と思われます。

写真にある新堀川は、「昭和34年(1959)5月 新堀川のコンクリート壁工事(川幅を4.4mに狭める)が終わり、
排水装置が完成する。(萩市史年表)」とあります。

 関連資料 沿革 (学校HP参考)
1911年(明治44年)萩町立明倫商業補習学校として創立。 <水練池西側。大正八年(1919)廃止>
1915年(大正6年) 萩町立萩商業高等学校設立。 <久原房之助氏より校舎新築費等寄付 大正8年新校舎>
1932年(昭和7年) 市制施行により萩市立萩商業学校と改名。
1940年(昭和15年)明倫商業補修学校が県立学校に移管、山口県立萩商業学校と改名。
1944年(昭和19年)戦時中の教育政策により工業系学科を加え、山口県立萩工業学校に転換。
1948年(昭和23年)学制改革により山口県立萩商工高等学校に移行。
1965年 (昭和40年) 山口県立萩商工高等学校を廃止。工業系学科を分離して山口県立萩商業高等学校となる。
   (分離した山口県立萩工業高等学校は市内平安古に開校)
2006年(平成18年)両校の統合を目的として、萩工業高校敷地内に山口県立萩商工高等学校開校。
2008年(平成20年)山口県立萩商業高等学校、萩工業高等学校の閉校。
※現在当時の校舎はそのまま残されていて今後の行く末が案じられます。
※また、同校内には次の建物が存在していますが、その歴史をみて気になるところです。

d0046290_1545082.jpg


d0046290_1546988.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2011-02-07 15:47 | 学芸サポート・古写真班
ホットケーキ始めました♪
萩博物館レストランでは、2月~3月の期間限定でホットケーキを始めました。
ぜひお越し下さいませ!!

**********************
単品 ¥200   ドリンクセット ¥400
**********************

d0046290_10491925.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2011-02-06 10:49 | レストラン班
防火訓練
1/25(火)に行われた防火訓練の模様をご紹介します。

d0046290_1645093.jpg

こちらは、消防署の方による防火についてのお話中の様子です。
実際に起こったホテルでの火災の映像なども紹介され、大変勉強になりました。

d0046290_1683621.jpg

そして、消火栓の場所や使い方を確認した後は、実際に消火器やホースを使って消化訓練です!!

d0046290_16101143.jpg

寒い中、皆さん真剣に取り組まれていました。
午前10時から正午までの貴重な防火訓練でした!
[PR]
by npomachihaku | 2011-02-01 16:12 | NPO