<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「懸魚(げぎょ)って?」  今更ながら聞いてみたいこと  <学芸サポート・古写真班>
日常関わっている古写真に写された様々の自然や建物・工作物、生活様式等々、分からないことが多く、
あらためてメンバーの知っている情報を共有しあい、加えて資料を収集しての勉強会を行うことにしました。

今回の資料の中からほんの一部ですが、以前「一枚の写真」に出た懸魚(常念寺の門)について。

懸魚はもともとは、建物を火災から守るために魚の形をした飾りを屋根に懸けてまじないとしたことが始まりで、
水との関わりが深い魚を屋根に懸けることに「水をかける」と言った意味合いがあるようです。

d0046290_9304860.jpg


d0046290_9315035.jpg


幅が広く資料作りも大変ですが、今後も少しずつ積み重ねていければと思っています。
[PR]
by npomachihaku | 2011-01-29 09:33 | 学芸サポート・古写真班
「冬休みは博物館で」~来館者との交流会 そのⅠ~ <学芸サポート・古写真班>
先のブログでもお知らせしましたが、冬休み企画として萩博物館エントランスホールにおいて、
博物館との協働で古写真展示を開催致しております。
今回は「ダム底に沈んだ村」の『生活のあかし』をテーマにしております。
また、毎週土曜日に「萩にまつわる民話や紙芝居」を上演する“民話かたり部班”と協力して
12/25と1/8に来館者の皆様に楽しんでいただけるように「交流会」を計画しています。
一回目の12/25には、紙芝居で上演の『空かける化物』は古写真の中に「的祭り」の記録があり、
また、今年行われた祭りの様子や、化け物が住んでいたと言われる「扇落としの滝」の写真も紹介して
観衆の方々にご好評いただきました。

その後、出入りされる来館者の方々に展示写真の説明や萩市内の航空写真などのスライドも適宜加え、
郷愁を感じるひと時でした。

次回の交流会の予定は1/8です。多数の方々のご来訪をお待ち致します。  <YK>

地元にまつわる紙芝居と民話の上演会
d0046290_16222746.jpg

紙芝居に関連した祭りをスライドで紹介
d0046290_16234634.jpg

来館者の状況に応じた内容でスライド上映
d0046290_16242921.jpg

皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]
by npomachihaku | 2011-01-03 16:26 | 学芸サポート・古写真班