<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ふるさと祭り
11月13日(土)、14日(日)に開催された萩ふるさとまつりに、
NPO会員約20名がそれぞれ参加しました。

柿渋うちわ作り、タカラ貝のストラップ作り、竹とんぼ作り、竹笛作りを
495名の子ども達が体験しました。

d0046290_10414057.jpg


     **************************************************
d0046290_10455475.jpg


     **************************************************
d0046290_10462233.jpg
     **************************************************
[PR]
by npomachihaku | 2010-11-22 10:47 | NPO
『ここは何処でしょうか?』 <学芸サポート・古写真班>
d0046290_15262886.jpg



今年2月から始めた「一枚の写真」の課題の一コマで、既に8月の課題として紹介した『恵美須ヶ鼻造船所跡』です。
「萩の近代化産業遺産」構成要素の一つとして現在世界遺産登録を目指しています。
詳しくは現在開催中の萩博物館企画展『萩の近代化産業遺産-世界遺産をめざして』をご観覧下さい。
(会期が11月28日までとなっています)

今回 これら「一枚の写真」の課題箇所を班のメンバー帯同で巡りました。

d0046290_15275866.jpg



以下、訪問地順の紹介ですが果たして何件お分かりになりますでしょうか?

d0046290_15294535.jpg



d0046290_15314491.jpg



写真の一コマからその場所を限定することは中々難しいことです。
九月に行われた宮本写真講座でパネラーの一人森本孝さんが「宮本氏の長男千晴さんからその土地らしさが分かる
撮り方をしなさい」とアドバイスされたと語られました。
名所旧跡ならともかく現実はなかなか難しい課題です。
私たちは日頃課題を紐解く際の一番は山の形、影の向き、建物の構造、道路の様子などを参考にしますが、今回の
課題は余りに参考になりませんでした。

帰ってのミーティングで「複数で訪問すると一人では気付かなかった新たな発見もあり楽しい」が代表的な声でした。
今後も「一枚の写真」から膨らむ課題を楽しみたいと思っています。  <AKY>
[PR]
by npomachihaku | 2010-11-18 15:36 | 学芸サポート・古写真班
『萩・長門峡観光遊覧船』運航開始に伴う写真展 <学芸サポート・古写真班>
阿武川ダム湖の湖面から壮大な自然景観を眺める「萩・長門峡観光遊覧船」が今月一日からいよいよスタートしました。

オープン前日の10月31日には、かつてこの地で暮らしを営んでおられた水没地域の関係者をお招きしてひと足お先に
遊覧船を体験していただく催しが行われ、これに合わせ古写真班では角川政治氏撮影による川上地区の写真展を開催
しました。

多くの方々がこの地に里帰りされ、年代が異なってもさながら同窓会のようで、再会を懐かしみ、手を取り合って語り合う
光景が繰り返され、昔にタイムスリップしておられたようでした。
写真を一枚一枚ながめ、当時の生活の場所や顔なじみの人を見つけ、懐かしさや喜びを感じていただけたのでしょう。
写真を愛おしそうになでておられるご婦人の姿がとても印象的でした。

関係者の皆さまに懐かしくご覧いただけたらとの想いでしたが、こちらの期待以上に喜んで下さり、私たちも大変満足の
一日となりました。

次はいよいよ11月7日の「かわかみふるさとまつり」です。
もっと懐かしく、もっと嬉しく…
そんな写真の数々が皆さまのお越しをお待ちしております。             <YK>

d0046290_11414554.jpg



d0046290_1143859.jpg



皆さまも『萩・長門峡観光遊覧船』へどうぞ!!
[PR]
by npomachihaku | 2010-11-18 11:44 | 学芸サポート・古写真班
『川上ふるさとまつり』盛会の写真展 <学芸サポート・古写真班>
今春より計画した川上における写真展は無事成功裏に終了しました。

今回の写真展は、川上地域の角川写真が膨大に存在したこと、また古写真班の主な活動のひとつでもある
『宮本常一のまなざしを追う』活動の川上地域の取り組みを行う一環として結び付いたことが背景でした。
また、地理不慣れもあり、地元と協働しての開催を意識しました。

当初の計画から軌道修正もありましたが、全部で180点の展示に加えてアルバム集やスライド上映等、
より多くの画像の提供をして懐かしんで、喜んでいただきました。

ずっと以前から期待してこの日を待っておられた地元の方、あるいは先日の遊覧船展示会に際してご案内した方も
多数再びご来場いただき、そして何より角川氏ファミリーのご来場は大変嬉しく励みとなりました。

今回ご協力いただいた地元の方々をはじめ多くの皆さま、多数ご来場いただいた皆さまに深く感謝申し上げます。
これからも今回の経験と、継続する活動の延長線上で発表の機会を作りたいと思いますし、何よりも多くの文化遺産
であります古写真の整理・活用をこれからも図ってまいります。   <YK>

◆当日のスナップより


d0046290_9525120.jpg


d0046290_9565251.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2010-11-10 09:59 | 学芸サポート・古写真班
『一枚の古写真』2010年10月の報告と11月の課題 <学芸サポート・古写真班>
今回も前月の報告に併せ新しい課題を挙げておりますのでご一緒に考えて見ていただければと思います。
 
(2010年10月の課題報告)
d0046290_1623196.jpg



d0046290_16234953.jpg


■関連紹介  説明板は別の写真により判明。内容は次の通り
明石クニ
 萩城下南片河町 弥十郎の長女に生まれる。幼少の時、母が次女を出産した後永く病に臥した。
その間、妹の養育と母の看護その他一切の家事に尽力するかたわら青海島大日比の西念寺に母を背負いて毎年欠かさず参詣した。
 安政五年(1858)には父が死去し独力で母妹を養う苦しい生活が続いたが、翌年クニの孝養が藩主に達し米一俵を賞与された。
 また、元治元年(1864)高杉晋作の下関挙兵の際には戦場に赴き兵糧の炊き出しに献身し官の褒詞を受けた。
 さらに慶応三年(1869)に藩から、明治二年(1869)、明治五年(1872)には山口県から米銀を給与されその忠孝を表彰された。 萩市

(2010年11月の課題)
d0046290_162758100.jpg
[PR]
by npomachihaku | 2010-11-09 16:28 | 学芸サポート・古写真班
『昭和の記憶・秋』市民活動センターで展示 <学芸サポート・古写真班>
今秋引き続き写真展を開催いたします。

既に何度もご紹介しております「かわかみふるさとまつり」(11月7日開催)の写真展は、
 ・11月7日(日) 9:30~15:30
 ・川上公民館

今秋阿武川ダム湖での遊覧船就航に合わせて水没関係者招待運航(10月31日)・オープニングセレモニー
(11月1日)が行われますが、それに伴いこの二日間でも懐かしい写真をご覧いただく機会を設けることに致しました。

また市民活動センター『結』(市内西田町)でも、『昭和の記憶・秋』をテーマに「長門峡の秋景色」「天神祭り-大名行列」
を内容として展示することにいたしました。
いずれも角川政治氏の文化遺産のご披露です。

是非お立ち寄り下さい。

『昭和の記憶・秋』開催期間 平成22年11月1日より 約一ヶ月間
会 場  市民活動センター『結』
内 容  長門峡の秋景色  カラーA4 16典
大名行列     白黒A5  18典
 (市内古萩 昭和30年代、平安古備組 昭和40年代)

d0046290_1035472.jpg

皆さまのお越しお待ちしております。
[PR]
by npomachihaku | 2010-11-02 10:36 | 学芸サポート・古写真班