<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
萩再発見トレイル ~古写真を持って堀内の巻Ⅲ~ 検証 2/17
古写真班では昨年NPO発足5周年記念事業の一環で初めて「萩再発見トレイル」を実施しました。
その言葉に馴染みがないせいか参加人数はとても少人数でした。が、参加者の方々からは大変好評を得て今後コースを増やし、回数を重ねて開催しつつ、多くの方々に萩の再発見をしていただき、喜んでいただきたいと目標にしています。

今回堀内地域の三コースの設定が完了したことで、先ず班として検証を行ないました。
三コースの中で一番長いコースでもあり、メンバーの色々な見聞もあり所要時間は1時間40分となっていました。
その再発見や気付きとして次のようなことがありました。
・電柱がないのは狭い道に支障がなく景観としてもすっきりしている。
・古写真の電柱があったのはポジションの決め手となっていたのが捜しずらくなった。
・古写真のカメラポジョンとして石組みが大変参考になる。
・堀内の土塀基礎には花崗岩と笠山岩が殆どで、重臣屋敷の花崗岩で大きく幾何学的な石組には目を引く。
・石組みの中に「刻印」を見つけた。
・キリシタン殉教者記念碑で歴史的背景を見てあらためて胸を打った。
・築城時のトラブルにより亡くなった熊谷、天野氏の関係した「五郎太石」とは?
・四本松横往還の北から南方向を見ることで藩政期のその通りをはっきりと見ることが出来た。
・四本松横往還を分離した大正末期に開削の疎水のルートを絵図と現地で見比べ確認できた。その疎水が景観としてあって良かったか?、ない方が良かったのでは?  両方感じられた。
・出身校の萩高の中にこんな碑があったとは? あらためて「至誠」、「百万一心」、「士規七則」、「頌徳銘功」を見た。 (本館後に位置して窓越しに心配する職員の目があり、やはり許可なく構内へは遠慮すべきと思った)

今回話題に出た「刻印」と「築城時の五郎太石」について、加えて前回のコースにあった旧明倫館の概要について新たな資料を基に、さながらの歴史講座のようになりました。

終わった後にメンバーから「これを活かすのは何時?」との言葉があり、今は直ぐにありませんが、新しいコースも検討・作成を含めて「ツールとして」蓄積していきたいと思っています。

  ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
当日スナップ

d0046290_14122678.jpg

①旧椙杜家・出格子窓が変っていました
②萩高校校舎南側・石組が中々見つけられませんでした
 
d0046290_14144493.jpg

③広小路筋が道幅が狭くなったのを確認して
④厚狭毛利長屋を撮るのにそのポジションでは?
[PR]
by npomachihaku | 2010-02-20 14:15 | 学芸サポート・古写真班
陸生班・岩国に出没!
13日午前9時に学芸サポート陸生班のメンバー3人と椋木専門員が集合し、萩博物館を出発して一路岩国市を目指した。
本日は、本来の計画では阿武川に入ってニンギョウトビケラを採集する予定であったが、連日の天候が悪いために昨日になって、岩国行きを決定した。生き物を対象にするので、天候に左右されることは仕方ないが、このいい加減さが、陸生班の特権でもある。
しかも、当日は天候に恵まれドライブには最適で、3時間で目的地の錦帯橋に到着した。

しかし、我々は、ここ岩国まで遊びに来ている訳ではない。
錦帯橋のお土産にもなっている石人形を、この夏の特別展示で我々の手で作るための研修である。この石人形は、ニンギョウトビケラという昆虫の幼虫が作る巣が人の形になっているために、人形トビケラと言われている。さっそく、「石人形の館」に入り、展示物を見学したり写真に撮ったり、ご主人の話を聞いて、それぞれに自分なりのイメージが湧いてきた様だった。やはり、百聞は一見にしかずで来て見てよかったと思う。

「石人形の館」を出たときには、昼も過ぎていたので岩国寿司でも食べようと錦帯橋の側で店を探すと、「佐々木小次郎商店」と「むさし商店」が並んで建っている。不思議に思い、「佐々木小次郎商店」の人に聞いてみると、聞いてはいけないことを聞いたようで、一瞬、顔色が変わったような気がした。何でも佐々木小次郎が錦帯橋の上で燕返しの技を習得したことにちなんで、この店ができたらしく、「むさし商店」はその後にできたということだったが、真相はさだかでない。今度、訪れることがあったら「むさし商店」に同じ質問をしてみようと思う。旅先では、このような何気ないことが一番の思い出になるもので、萩でもそのようなものを掘り起こすことも私たちNPO萩まちじゅう博物館の仕事だと思っています。

d0046290_13262328.jpg

d0046290_13264679.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2010-02-20 13:27 | 学芸サポート・生物班
折り紙ヒコーキ講座
2月15日(月)イベント企画班の呼びかけにより「折り紙ヒコーキ講座」が開催されました。
d0046290_14323756.jpg

班長から紙ヒコーキの仕組みについて簡単な説明があり作製開始!
d0046290_1433591.jpg

定規やハサミも使って作るのですが、なかなか難しい部分もあるようです。
飛ばし方にもコツがあるようで、紙ヒコーキの種類によって様々な飛ばし方を研究されていました。
d0046290_14362574.jpg

d0046290_1438275.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2010-02-16 14:24 | イベント企画
企画展 展示説明
2月8日(月)15時すぎより、企画展初公開!萩博物館の「宝」2010の展示説明が樋口副館長により行われました。
d0046290_11581922.jpg


30名以上が参加し、樋口副館長の説明、特に新聞にも掲載された入江九一に関する箇所には熱心に聞き入っていました。
d0046290_115924.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2010-02-12 11:59 | ガイド班
『一枚の古写真』 2010年2月の学芸サポート・古写真班の課題
以前にも『一枚の古写真』について情報発信を致しました。
今回班では古写真の中から無作為に抽出した写真の場所や情報を収集して持ち寄ることを一ケ月の課題とすることにしました。
その写真データは以下の三枚です。
情報としては「撮影場所は?」、「いつ頃の撮影なのか?」、難しいことですが「誰の撮影か?」等を求めております。
ご覧の皆様も一緒に考えて見て下さい。
一ヶ月先にはメンバーの情報を基に開示したいと思います。

なお、暫く休会しておりました『古写真・情報交歓会』を3月より再開いたします。
3月は 平安古地区の一部を 10、17日に、
4月は 堀内地区の一部を   7、14日に行います。
会場 : 萩博物館講座室
時間 : 午後1時30分~3時30分
  内容は1976年(昭和51)東京都立大学建築学部研究室が約10年間、旧城下町内の町並み、家屋調査された際の約15,000枚の写真を順次スライド上映し、その写真の情報を交歓し合うものです。
  興味ある方のご来場をお待ち致します。

  ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
一枚の古写真 (2010年2月の課題)

d0046290_13404036.jpg

d0046290_13414152.jpg


d0046290_1342409.jpg
[PR]
by npomachihaku | 2010-02-09 13:43 | 学芸サポート・古写真班
川上野戸呂の節分行事に訪問 2010.2.3
昨年6月に「宮本常一氏のまなざしを追って」旧川上村を訪ねました。
その際にS学芸員から「野戸呂には昔ながらの節分行事が継承されている」と言うことを聞いていたので今回その3日にメンバーと帯同して訪問しました。
その『トシノヨ』と言われる行事については清水学芸員のブログの紹介をさせていただきます。
(これから最新情報が発信されるかもしれませんが、ここでは昨年紹介されたものをリンク致します
 http://hagihaku.exblog.jp/i8/5/)

宮本さんが最初に川上を訪問されたのは昭和35年より3年続く「見島総合学術調査」の帰りで、昭和37年9月に、その後昭和43、44年には「阿武川ダム水没地区緊急民俗調査」で訪問されています。
昭和37年の訪問時にはここ野戸呂に宿泊をされた記録と、今回私達が訪問したお宅も著書『私の日本地図13」萩付近』の中に写真紹介もされております。
石油コンロやプロパンガスが発達しても火鉢を必要とする人はまだ多いはずである。そうした人を対象とした木炭がここでは焼かれている。

節分の日の夜は私達には痺れる程の寒さでした
訪問先のご主人は炭火が燃えるコタツに入って「これじゃあないといけん」と言って迎えてもらいました。以前には長年炭焼きをされていたのに今では買った炭を使っておられるとのこと。コタツの火を見て心身からの暖かさを感じました。

現在私達の日常活動で市内の写真家角川政治氏の写真群をデジタル化しています。その数は膨大で、特に川上地区の撮影のものが想像以上に多く、この宮本写真と角川写真の双方を地元の方々にご覧頂きたいと益々願望が高まってきています。
出来れば今秋その写真展の開催の実現を念じつつ冷え込みの激しい川上を後にして帰りました。

<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・
当日のスナップより 
d0046290_14125164.jpg
d0046290_14132479.jpg

①今回の訪問時には未だ日が射していました
②清水学芸員とメンバーと地区内の状況確認中にパチリ

d0046290_14171353.jpg
d0046290_14173150.jpg

③今回お世話になったY宅ご主人と
④既に玄関先にだらの木にシキビの羽が挿してありました

d0046290_14202442.jpg
d0046290_1421433.jpg

⑤だらの木にシキビの羽が挿して
⑥皿の上に載せられた数々

<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・
[PR]
by npomachihaku | 2010-02-08 14:22 | 学芸サポート・古写真班
2/6(土)着物にて上演&呈茶のお手伝い 民話語り部班
d0046290_1332230.jpg

本日も紙芝居と民話の上演の始まりはじまり~!
しかし、いつもと何かが違っています。それは・・・

d0046290_13333949.jpg

着物を着ての上演!!雰囲気がでます。
なぜ?かと言いますと・・・

d0046290_13344110.jpg

ギャラリートーク後の呈茶のお手伝いのためです。
部屋の中ではお香もたかれ、お客様を迎えるための準備は万端です!

d0046290_13355699.jpg

それぞれ打ち合わせも終わり、お客様をお迎えし、いよいよ本番です!!

d0046290_13365176.jpg


班員や参加者からは、「身が引き締まる思いだった」、「普段触れることのない高級な茶碗を扱うのは緊張した」、「茶碗のことを聞かれたら・・・などの不安もあった」、「皆が喜んでくれたからやりがいがあった」等の感想がありました。

○呈茶つきギャラリートーク
学芸職員が解説したあと、有名作家の抹茶茶碗でお茶を差し上げます。
平成22年2/6、3/6、4/3(第1土曜日)14:00~15:00
※当日受付限定20名

○民話語り部班による紙芝居と民話の上演
毎週土曜日13:30より、萩博物館エントランスホールにて
[PR]
by npomachihaku | 2010-02-08 13:41 | 民話語り部班
企画展グッズコーナー模様替え!!
d0046290_13174580.jpg

萩博物館ミュージアムショップでは2/6から始まる企画展「初公開!萩博物館の宝 2010」にあわせて売場を変更しました。
企画展ご観覧後にぜひお立ち寄り下さい。

新商品
d0046290_13225610.jpg

屏風絵フォトフレーム(中に入っている写真等は含まれません)
(145×115mm) 1,300円
(105×90mm)  1,000円
d0046290_1328554.jpg


 ・萩人形「若き日の松陰先生」 5,000円
[PR]
by npomachihaku | 2010-02-05 13:29 | ショップ班
「メリーチョコレート」発売中!!
d0046290_9195040.jpg


只今、萩博物館ミュージアムショップでは、有名ブランドメリーチョコレートのチョコを販売しております。(2月~3月)
ひと口サイズの小粒でキュートなチョコレート。ナッツやフルーツを使ったバリエーション豊かなチョコレートはティータイムにぴったりの美味しさです。
今年のバレンタインは当店のチョコで想いを伝えてみてはいかがでしょうか?

2/6から始まります企画展初公開!萩博物館の宝 2010をご観覧後、ぜひ萩博物館ミュージアムショップにお立ち寄り下さいませ。
[PR]
by npomachihaku | 2010-02-02 09:26 | ショップ班