<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
来館者の方との交流会 古写真のスライド上映会の実施 2010.1.23
古写真班と日頃密接な関係にある清水学芸員が担当された萩博物館企画展示『城下町萩のひみつ』もいよいよ開催期間の終了が迫ってきました。
この企画展示に際して私たちに展示室付近に活動発表の場を設けて頂き、自分達の活動成果の写真展を行なってきました。加えて来館者の方々と交流をしていくという課題も持っていたのですが、なかなか実現できず、ギャラリートーク最終日にやっとスライド上映会として開催することが出来ました。
限られた時間帯の中で萩らしい内容を見て、感じていただくことは簡単ではありませんが、「1972年の萩の記録」と「昭和初期と40年頃の航空写真」の二テーマを用意して、結果的には航空写真を用いて解説しただけで時間一杯となりました。
今後もっと回を重ね熟練して名実共に市民の方々や来館者の方々との橋渡し役となれるようにと思いました。

最後にもう一言「萩博物館企画展「城下町萩のひみつ」展は、1月28日までです。見忘れのない様に是非どうぞ。そして我が班活動の一端も見て頂ければ幸いです。<K>


<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・
当日のスナップより 
d0046290_9495684.jpg
d0046290_9501562.jpg

①民話語り部班から借用の暗幕で急こしらえの会場です
②皆さんに懐かしんでいただけたでしょうか?
[PR]
by npomachihaku | 2010-01-24 09:48 | 学芸サポート・古写真班
浜崎伝建地区でフィールドワークを行なう  2010.1.20
「この石組み素晴らしいね」、「これ何仕上げって言ったかな?」、「それ、ビシャン仕上げ」・・。
1月20日午後、古写真班の今年初めてのフィールドワークを浜崎地区で行なった時のメンバーの会話でした。

今回使用の一本は昨年地元の人達を加えて情報交歓会を実施したものでしたが、他人から幾ら言葉を添えられても自身の目で見て確認することが一番。浜崎の古い町屋を見たり、細い「用心道」を通ったり、浜や河口から何段も石積みされて嵩の上がった地形を見て色々と感じ、写真を机上の地図で追っても、このようなことを体感できませんし、写真当時との変化を平面的ではなく立体的に確認する等、地域事情・現状を見聞することであらためて地域の再発見をしたメンバーの感想でした。

ただ、今年5月の「浜崎おたから博」に参加する際に『浜崎版トレイル』を計画しているコース、ポイントの検討するもう一つ目的がありましたが、生憎の降雨間近の空模様に急いで引き上げたため、実現せず今後検討をしていきたいと思っています。

<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・
当日のスナップより 
d0046290_9363537.jpg
d0046290_937339.jpg

① 近所Hさんが色々情報提供を・・
② 閂内往還でポイントを確認中です

d0046290_9393023.jpg
d0046290_9395774.jpg

③ 浜崎代表的光景の一角にて
④ 「ここも変わってる・・」ポイントは難しい

<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・<>・
当日対象のオリジナル写真より <皆さんは何箇所分かりましたか?>
d0046290_9423317.jpg

d0046290_943221.jpg

d0046290_9431795.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2010-01-21 09:30 | 学芸サポート・古写真班