カテゴリ:学芸サポート・あい班( 3 )
《藍の草取り》 平成22年5月14日
学芸サポートあい班、本日の活動は4月に植えたタデアイの草取りを行いました。
毎日の水やりの効果か、二葉も少し大きくなりました。
7月の末頃には生葉染めが出来そうです。

d0046290_113232.jpg

d0046290_1134647.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2010-05-24 11:06 | 学芸サポート・あい班
《藍の種まき》
NPOまち博学芸サポートあい班では、本日(4/8)畑に藍の種を植えました。
本年で3年目となる藍の栽培、昨年は日当たりの関係で育ちがあまり良くありませんでした。今年は班員の野村さんが日当たりの良い場所にうねを作ってくださり、環境はいいようです。
あい班は本年度人員も4名増えて、16名で活動を行います。大勢での夏の「生葉染め」が、今から楽しみです。

d0046290_9302341.jpg

[PR]
by npomachihaku | 2010-04-21 09:30 | 学芸サポート・あい班
《あい班活動》
本日、学芸サポートあい班では、萩青年の家において、昨年干し葉にしておいたタデアイの葉を煮出し染めにするという試みを行いました。
初めてのことで、資料を見ながら試行錯誤の実施となりました。

d0046290_9481920.jpg


  ①
  20分間葉を沸騰します。

d0046290_1045045.jpg


  ②
  煮出し液をこします。


  ③
  ①・②を3回繰り返します。

d0046290_10225815.jpg

     ④
     こした液に布を10分漬け、絞ります。

     ⑤
     布を5分干します。

     ⑥
     ④・⑤を5回繰り返します。

     水洗いし乾燥させます。
   
d0046290_1039356.jpg
d0046290_1041316.jpg


他にも木の皮のチップを煮出してみました。

           椿の煮出し液                                 
d0046290_10453235.jpg               山ざくらの煮出し液
d0046290_10471038.jpg

藍の煮出し染めは思ったより淡色になりました。
また、椿や山ざくらも煮出しが足りなかったようです。
成果はともかく、班員が協力しいろいろなことが学べた楽しい一日でした。

  
  
[PR]
by npomachihaku | 2009-06-27 11:01 | 学芸サポート・あい班